marbleの最近のブログ記事

 marbleのライブへ。場所は新宿SACT!。marbleのライブは4/29以来8ヶ月ぶりに見ました(間に何度かあったが、チケットがとれなかった り、予定が合わなかったりしたため行けなかった)。

2009122719190000.jpg
2009122722120000.jpg

 セットリストは以下の通り。

01. 流星レコード
02. 星空
03. 涙をふいて
04. 芽生えドライブ
05. 青空loop

(トークコーナー)

(以前にライブに一緒になったmagさんをゲストに迎えて)
session-01. 僕らは
session-02. Like bird in a cage

06. 幸せは365日
07. 初恋limitted

en-0. ボツ曲(とあるアニメに採用されなかった曲をなんと菊池さんのソロで)
en-1. さくらさくら咲く ~あの日君を待つ 空と同じで~

 7曲中4曲がシングル曲なので、メジャーな曲で編成されたライブで、全体としては「明るい」イメージのあるライブだったかなという気がします。

 今日のライブで印象に残ったのは、miccoさんの歌い方ですね。体を大きく動かして歌っていて「熱唱」という感じでした。明るい曲が多かった こともありましたが、まったりほっこりなmarbleにしては珍しく「熱」を感じるライブでした。

 気になった曲は、最もラストのen-2で歌った「さくらさくら咲く ~あの日君を待つ 空と同じで~」なんですが、これは、1月から始まるアニメ「ひだまりスケッチ×☆☆☆」(第3期)のED曲で、これまで「芽生えドライブ」「流星レコー ド」とスローテンポでじっくりとしたまさに「marble」というきょくだったのですが、それとは全く違って、miccoさん曰く「これまでの marbleで最もリズムが速い曲」で、とても明るくて、ハードポップという感じに仕上がっています。「ひだまりスケッチ」といえば、2期ともOPがはじ けて、ED落ち着いていてとなっていたのですが、今期は両方ともはじけることになるでしょうか。ただ、1つの楽曲としてはとてもレベルが高いと思っている ので、今度のアニメでは、今までOPだけしか興味がなかった人も、結構興味を持ちそうな楽曲に仕上がってるんじゃないかなと思います(2月上旬にCD発売 予定)。

 あ、ギターの菊池さんは今日はどうだったかって?今日は結構まじめに弾いてましたよ。最後の曲は「エレキで激しく弾くんだけど、今日はアコギ で...激しく弾きます」なんて言って、かなり激しく弾いてました。今日は全体的にギターの音がしっかり聞こえていた気がします。ただ、「青空loop」や 「初恋limited」のギターソロでは、弾いてるように見せて「結構ごまかしてない?」みたいな演奏だったような...。いや、音は聞こえるんだけど、なん か「ギター鳴らしてるだけ」って感じだったような...。あと、ゲストのmegさんとのセッションで、megさんにギターの方がついてきてダブルギターだった のですが、このときは明らかにギター弾いてなかったですねwww。まぁ、他の人の曲だから大目には見ますけどね。
 新宿SACT!にて開催されたmarbleワンマンライブ「空中迷路vol.9おかえり!」に行ってきました。

2009042918500000.jpg

 なんと整理番号2番で、意気揚々とSACT!に行ったのですが、なんとオールスタンディング。50枚しか発売されて ないのになぜオールスタンディングなのか??SACT!にはドリンクでカップ酒(しかも福光屋の加賀鷹)がおいてあるのでそれを飲みながら開演まで待って いるとディレクターの純サマ(佐藤さん)登場。

「今日は2部構成で、前半は明るく行きますので、ノっていってください。途中一度退場してもらって整理番号順に再入場してもらいますので半券はなくさないように」

とのお達し。??な感じではあったものの、最前列でステージやや上手側に陣取り、中央に立ったmiccoさんと、上手に立った菊池達也さんのちょうど中間という絶好のポジションでライブスタート。

 2部、アンコールとを通じてセットリストは以下の通り。

1-1. 初恋limited
1-2. 青空loop
1-3. ただ ここに そばにいる
1-4. 紫陽花色の部屋
1-5. ハミングバード
1-6. move
1-7. アネモネ
1-8. 虹色ハミング
1-9. 芽生えドライブ

2-1. おんなじ
2-2. 空中迷路
2-3. 空に舞う
2-4. 星空
2-5. 地球
2-6. 凛
2-7. 流星レコード

en-1. スマイル
en-2. 新しい世界


 1部は前述のように明るく盛り上がる曲(&編曲)中心で構成。1曲目の「初恋limited」は発売されたばかりの新曲でややロック調のオープ ニングにはふさわしい曲。私も自分の好みの曲の範疇には入るのですが、一方で、今までのmarbleとは違う曲に仕上がっているので意外さも大きいと思い ます。

 1部のポイントは、「青空loop」、「move」、「虹色ハミング」だったかなと思います。marbleはボーカルのmiccoさんをギター の菊池さんが支えるという図式ですが、miccoさん、菊池さんが間近で見られる位置に見ていて、その図式ももちろんあるのですが、今回この3曲では、菊 池さんのギターを見ていると演奏の仕方で、演奏している曲をどういう意図で作ったのか・編曲したのか、どう見せたい・聞かせたいのかというのが見えた気が します。なので、普段聞いている以上に曲の奥深さが感じられたかな、と思います。

 1部終了して、いったん退場。ここで純サマから説明。

「再入場していただく際に、整理券前半の方には椅子を持って入場してもらいます」

 後半は椅子入れるんですね、だから50人なのか(SACT!は椅子でキャパが50ぐらい)...じゃなくて、お客さんセルフで椅子入れるの?2部の途中でmiccoさんが、

「椅子が入ってますけど、どうやって入れたんですか?まさかお客さんセルフ?」

と聞くので、頷くと、

「そんなライブ初めてですよね」

 もちろん、初めてです(苦笑)。

 2部では前述のように椅子を入れてゆったりといつものmarbleで。全体的に変化もあまりなく、「ゆったり、ほっこり」な構成に。ほっと一息な感じで、じっくりと見られました。

 2部一番最後の「流星レコード」の直前のトークコーナーではmiccoさんの話がちょっと長くなってしまったので、その間に無意識にギターを ちょこっと弾いた菊池さん。そのメロディは「流星レコードの」出だしだったので、最後の曲が「流星レコード」と確信するとともに、「練習してるなー」と 思ったらやっぱり「流星レコード」。ところが、菊池さんその出だしから思いっきり間違って「やってしまったー」のポーズ。このライブでここがもっとも盛り 上がりました(笑)。さすがに2度目はちゃんと始まりましたが、それでも、ちょこっと音をごまかして弾いていたような気も?

 全体的には、相変わらずmarble自体を十分に楽しめたライブだったと思います。「新しいmarbleを見せる」とのことでの前半パートも確 かによかったですし(前述のように新しいmarbleの見方もできたし)、後半の「いつものmarble」も十分なパフォーマンスでした。

 で、marbleと言えばチェックせずにはいられない、菊池さんのギターですが(そのために菊池さん側に陣取ったようなもの)、今回はバンド編 成も、ギターは菊池さんしかいないのでギターちゃんと弾いてました。でも、結構ごまかしてもいました(ぉ)。1つの曲の中でも「ちゃんと弾く」→「ごまか して弾く」→「ちゃんと弾く」の繰り返しがあったりしましたし。その一方で自分が自信があるところをしっかりと悦に入って弾いてる姿も見ていて楽しかった です。

 あー、いつもの通り、仕切り(会場運営)はダメダメですね。純サマもディレクターだから仕切り専門な人じゃないことはわかってますが、前へ出て くるんだったらもうちょっとうまく仕切ってもらいたいところ。以前のライブでも「marbleは良いんだけど、ランティスの演出が良くない」と指摘しまし たが、marbleのお二人がぐだぐだーとやるのはいいとして(それがmarbleだから)、それ以外の人がダメダメにするのはいかがなものでしょうか ね、と思います。まぁ、私のランティス不信はそんなところから来てるんですがね...。

 次のmarbleライブは未定ですが、行きたいなと思ってます。ちなみに、下の写真はCD物販でもらったサインです。上が通常の特典サイン。下は 最後に残っていたまだ半分書かれてなかった色紙で、前述の「流星レコード」の話を菊池さんとしていたら、「練習」って書いてくださいました(笑)。

2009043023190000.jpg
 渋谷のDUO MUSIC EXCHANGEでmarbleワンマンライブ「ひだま~ぶるないと!」を見てきました。会場のDUOは、有名なライブハウス「O-EAST(旧・ON AIR EAST)」の地下1階にあるライブハウス。この業界、渋谷公会堂(現C.C.Lemonホール)と並んで「O-EAST」って有名なライブ会場なんですが、「O-EAST」は行ったことはまだありません。その向かいにある「O-WEST(旧・ON AIR WEST)」も、「O-WEST」自体は行ったことが無く、「O-WEST」ビル7Fの「7th. Floor」には行ったことがあって、本体に行ったことがないという妙な"東西制覇"を成し遂げてしまいました。まぁ、私の最近の音楽歴に詳しい方なら、「DUO」と「7th. Floor」に行ってるってのを聞いて逆に納得されてしまいそうな気もしますが(^^;;。

 セットリストは以下の通り。

(第1部:先日発売のアルバム「ひだま~ぶる」を中心に)

1-1.稟
1-2.芽生えドライブ(アコースティックVer.)
1-3.シャララ
1-4.sweet days
1-5.おんなじ
1-6.black smile
1-7.無限story
1-8.fantastic sky
1-9.自転車
1-10.おんなのこパズル(ボサノバVer.+ゲスト:阿澄佳奈(ゆの役))
1-11.スケッチスイッチ(アコースティックVer.+ゲスト:阿澄佳奈)

(第2部:「虹色ハミング」を中心に)

2-1.青空loop
2-2.虹色ハミング
2-3.アネモネ
2-4.空中迷路
2-5.芽生えドライブ
2-6.流星レコード

(アンコール)

en-1.スケッチスイッチ(+ゲスト:阿澄佳奈)
en-2.ハミングバード
en-3.幸せは365日
en-4.流星レコード(生声&生ギターのみ)

 marbleライブは3回目で、バンド編成は初めてでした。バンド編成でしたが、ボーカル中心の音響になっていて聞いていて心地よかったです(ただし、ゲストの阿澄佳奈さんと一緒に歌うときは2倍の声の量になって音量が大きすぎたのですが)。

 第1部はアルバム「ひだま~ぶる」中心でアコースティックなバンド編成だったのですが、全体的には少し「奥手」な感じだったかな、というとこ ろ。決してマイナス評価ではないのですが、個人的にはもう少し「味」があっても良かったのかなぁ、というところです。まぁ、出たばっかりのアルバムからで 初披露だったということもあると思いますが。

 第2部はmarbleオリジナル曲で組まれていたので、ここが一番marbleらしさが一番出ていたかな、という感じです(たった3回目なのに 偉そうなこと書いてますが)。第2部を聞いていて、正直「またmarble行きたいな」と思わせる内容でした。こっちは、ずっとライブでやっていた曲なの で「自分の曲」って感じが前へ前で出ていたように思えました。あと、(リズムやメロディーが)自分に結構合う曲が中心だったのと言うのもあるかもしれませ ん。

 アンコールは4曲もあって、ちょっとぐだぐだーっとなったのがもったいないところ。もう少し上手くまとめて欲しかったなぁ。本家Ver.の「ス ケッチスイッチ」をアンコール枠でやる必要はなかったような気がすけどなぁ。聞いてみたいのはあるけどmarbleの曲じゃないのでイベント要素が強いの だから、何もアンコールでしなくても...って気がしました。最後に「流星レコード」を生声&生ギターだけでの披露になり、marbleといえば「まったり、ほっこり」を特徴とする音楽なのですが、まさにそれが欲でいたと思います。

 そのほかとしては、バンドで通常の「芽生えドライブ」、「流星レコード」、「スケッチスイッチ」を歌うときに、1メロ~1サ ビの部分は後ろのプロジェクターでそれぞれのエンディングやオープニングアニメーションを流していましたが、アニメーション自体が1サビ分までしかないの で、2メロ以降は適当なCG映像(スクリーンセーバーみたいなの)を流していたのはどーだかなー、って感じでした。まぁ、この辺はmarbleが悪いん じゃなくて、そういうライブ演出を押し通したランティスが悪いんだと思いますが。

 まぁ、marble自体の評価は個人的には上がったので、今後もmarbleは見ていきますが、ライブ自体は善し悪し結構見えてしまったライブだったかな、という気がします。

 しかしながら、今日はとてつもなくお客さんが多かったです。最初は「DUOでやるって言ってるけどお客さん集まるのかなー」なんて言っていたのですが、前売りは完売。席が200ぐらいあって全部埋まり、それを囲むように立ち見なので350人ぐらいいたのかな、というところでした。アニメ「ひだまりスケッチ」との抱き合わせでこれくらいのお客さんが入ったのかな、という気もしますが、marbleにも興味を持ってくれる方が増えると良いですね。
 marbleのインストアミニライブに行ってきました。アニメ「ひだまりスケッチ×365」のエンディング曲「流星レコード」発売記念のイベントでトークとミニライブという内容でした。会場は秋葉原のアソビットゲームシティ。

200808231551000.jpg

セットリスト
1.青空loop
2.ハミングバード
3.芽生えドライブ
4.流星レコード
5.幸せは365日

 marbleのお二人を見るのは4月末の@mona records以来だったのですが、菊池さんは変わらず、miccoさんはやせたのかな??という感じでした。ライブは1、2、5曲目が菊池さんのギター +オケ重ね、その他はギターのみだったのですが、ちょっとギターの音が小さかったかなぁ、おまけ、って感じぐらいでしたけど。

 最後の「幸せは365日」は、近日発売の「ひだま~ぶる」というCDに収録されているそうで、なんでも「ひだまりスケッチ」の世界を marbleが描いて歌うというものだそうで、結構気になるところ(しかもジャケットイラストは蒼樹うめ先生の書き下ろし!)。さらに、10月5日(日) に「ひだま~ぶるないと」としてライブ決定!この日は空けておこうっと(でも、渋谷DUOらしく、キャパを考えると、相当な売り込みが入るから、逆に行き づらくなるという説も)。

 イベント自体は、トーク、ライブを含めてmarbleらしさ満載でした。楽ばっかりのmiccoさんと苦ばっかりの菊池さん、合わせて "marble"って(笑)。それでも、菊池さん曰く「miccoが歌ってるところ見てのるが楽しい」だそうですが、確かにギター弾きながらmiccoさ ん見てる姿は楽しそうだったかな。菊池さんの家庭菜園(既に老後を考えて菊池農場?)の話もしてましたけど、前のmona recordsでは「これ以上は話さない」って言ってたわりには楽しそうにしゃべってたかな。miccoさんも「収穫物くれない」って不満をあらわにして 「解散の危機」だとか。まぁ、結構楽しそうで何より。
200804281944000.jpg
 下北沢のmona recordsへ。初めてのmarbleライブでした。

 セットリストは以下の通り。

1.凜
2.アネモネ
3.大好きが届かない
4.星空
5.空中迷路
6.move

 marbleとは、ボーカルのmiccoさんとギターの菊池達也さんのユニット。アニメ「ひだまりスケッチ」のエンディング「芽生えドライブ」を歌っていたので知っていて、一度は見たいなぁ、とは思っていたのですが、周りにいるmarbleファンから情報を頂き見に行くことに。

 初めてのライブなので、言えることが少ないのですが、marbleのモチーフ、「ゆったり・まったり・ほっこり」がそのまま出ている音楽でした。私が追加するなら「じっくり」も。別の方曰く、演奏曲が少し珍しかったらしいので、「芽生えドライブ」から想像していたのとはずいぶん違った感じだったのは、その通りだったのかな、という気がします(ってか、1曲だけで全体を想像するのは無理ですね(^^;;)。個人的にはもう少し明るい曲も聴きたかったかなぁ、と思いますけど、アコースティックライブだったので、まぁ、いいか。ライブ後菊池さんからは「バンド編成の時にも見に来て下さい」と言われたので、また、その時に。次は5/2の「Lantis presents"twilight listening party vol.3"」に出るらしいですけど、5000円じゃぁなぁ...。