中司雅美の最近のブログ記事

2009062520120000.jpg

 中司雅美さんのライブを見てきました。場所は赤坂グラフティ。さくらかおりさんとの対バンでした。中司さんは12/30以来(ってことで良いよね。その前は11/28)セットリストは以下の通り。

1. I wish
2. 心の樹海
3. こだわりour life
4. 雨
5. 笑おう!
6. 会いたくなって
en-1. 明日のために

 「この時期(梅雨)だから」ということで「雨」が選曲されていました。その名の通りアルバム「雨」に収録されている曲でよく聞きました。ライブ で聞くのは初めてだったのですが、当たり前ですがCDとはかなり違います。CDの方を聞いても十分に中司雅美度合いが出ているのですが、今回聞いた「雨」 はとても洗練されていて、もっともっと中司雅美さんが出ています。アルバムは2000年の発売なのでそこには9年の年月があるのですが、その9年間が良い 意味でしっかりと出ていた今回の「雨」だったと思います。

 ライブ後、中司さんと色々としゃべってましたが、ライブ中「今回のライブ前にさくらさんともしゃべったんですが、それ以上にさくらママとしゃべ りまして」と言っていたので「お母さんは私のモノですから、許可無くしゃべらないでくださいw」と言うと、中司さんだけでなくそばにいたさくらさんも笑っ てました(そのときにはすでにさくらさんのお母さんは帰られていた)。中司さんからも「お久しぶりです~」なんて言われましたが、確かに半年ぶりですから ね。中司さんにも.switchのまっきいさんからの伝言で「呼ぼうと思ってるんだけど、他のライブとかぶってなかなか呼べないので、また呼びます、だそ うです」と伝えたのですが、中司さんは7月が大塚ANOANO、8月休み、9月にワンマン?の予定だそうなので.switch出演はかなり先になってしま いそうです。
 switch special☆2008、2番目の登場は中司雅美さんでした。

200812301523000.jpg

 セットリストは以下の通り。

1. Tシャツ
2. Feeling Heart
3. カケラ
4. 笑おう!
5. 泣けるうちは元気
6. この奇跡に"ありがとう"

 まさかの、「Feeling Heart」フルコーラス。11/28@大塚音楽堂ANOANOのライブ後に、「一緒になる大津さんは飯塚雅弓さんという方に曲を書かれていて、その方が "Feeling Heart"がテーマ曲になったアニメ・ゲーム"To Heart"に出ていたので、その方のファンも多い大津さんのところには、曲を知ってる人が多いと思いますよ」と言っていたのですが、普段はオケ付きで やっていてグランドピアノではやりにくい曲なので「自己紹介の時にちょろっとサビでも」と言っていたのですが、1曲目終わった後、「知ってる方が多いとい う話を聞いたので、ピアノバージョンの"Feeling Heart"」をやりますといって歌って下さいました。曲紹介の時に「おおっ!」や拍手も聞こえたので、やっぱり知っていた方も多かったようですね。今回 聞いたピアノバージョンは、オレンジの照明(夕焼けのよう)のなかの演奏で、「Feeling Heart」のB面にある「それぞれの未来へ」という曲に近い感じにも聞こえ、また、間奏の広がっていく感じなどは、オリジナルにはない雰囲気で、この Ver.もかなり良かったなと思います。

 その他、実際には1曲目の「Tシャツ」から中司雅美度合い全開で、あの歌い方にあのメロディの奏で方、かなり満足な内容でしたし、「笑おう!」はいつもお客さんと歌うのですが、お客さんが多いこともあって会場から結構歌声が聞こえて、中司さんも喜んでいたようでした。ライブ後周りと 話しした感じだと結構中司さんに興味を持ってくれた方がいらっしゃったようなので、今後中司さんのお客さんが増えると良いですね。

 次の中司雅美さんのライブは2/10@赤坂グラフティでのワンマンライブです(私行けないですけど...)。
 中司雅美さんのライブに行ってきました。場所は大塚にある音楽堂ANONANO。

200811281843000.jpg

 ANOANOには初めて行ったのですが、床が全て板張りで(土足厳禁、スリッパに履き替え て入る)、入り口はずっしりとしたドアとなっていて、大きなスタジオそのものという場所でした(トイレの入り口もずっしりとしたドアで、演奏中使っても ホール内に水の音が漏れない)。大きなグランドピアノに簡易的なPAというセッティングで、決して洗練された音響というわけではなかったのですが、ボーカ ルとピアノが良い割合でミックスされていて、また、会場の天井が低く(2mぐらい)、客席とピアノのある高さが同じなので、ピアノの音が真正面から直接的 に伝わってくるのが体で感じられて、なかなか良い会場だと思います(.switchの高い天井から粉雪のように降ってくる音響も好きだけどね)。今回は 2500円だったのですが、出演者の入れ替えの間にドリンクが飲み放題で、さらに軽食付き(おにぎりにサンドイッチ)でした。さすがに、遠慮もあるので ガッツリは行かなかったですが、普段の.switchも2000円+1ドリンクで2500円になるし、会場の音や、対バンの方の良さ(レベル高かった)を 考えると、いい感じの額かな、という気がします。

 中司さんのセットリストは以下の通り。

1.愛が見えてきた
2.過去形になること
3.心の樹海
4.あなたの胸でメリークリスマス
5.笑おう!
6.二番目の本心

 初めて「二番目の本心」を生で聴きました。アルバム「雨」に収録されていて、昔から良く聴いている曲なのですが、ピアノ以外の別の楽器の音や、 間奏に入っているガヤ(「大丈夫だよ~ しっかりしなきゃ~」っていう台詞がある)が、目の前の演奏を聴きながらしっかりとよみがえってきて、この曲好き なんだなぁ、と改めて感じてしまいました。個人的には、中司さんらしさが良く出ている曲の一つだと思います。あと、「笑おう!」のBメロの「♪いいことば かりじゃないけど 明日のためになんとかしたいね」という部分も。どこかで(次のライブで?)中司さんを聴くことがある際は、ここを注目してもらえたら な、と思います。

 ライブ後中司さんやすごく有名なファンの方とお話しして、12/30のことを話したのですが、中司さん曰く「まだ何も知らないんです」、ってこ とで、私からの情報が初情報だったらしいです。「きっと2番目に出演で17:30ぐらいからかな」、という話をしたら、一緒にいたファンの方が「その時間 だと無理かも」と嘆いておられました。確かに、この日17時スタートだからすごく早いんですよね。「何とかならないですかねぇ、もう少し遅ければ間に合う んですが....switchに行ったらまっきいさんに伝えておいてください」って頼まれてしまいました。でも、次の.switchは12/24だし、「順番 後ろに」ってそれは必然的に「大津美紀さんを前に」とイコールなので(まぁ、MAYUKO@ゆうまおさんを前にってのもあるけど)、そんなこと私が言いに 行ったら大事件になってしまうので無理です(^^;;。

 12/30について、自己紹介のところで良いので簡単に「Feeling Heart」を弾いてくださいませんか?と、中司さんにお願いをしてきました。きっと、.switchではやらなさそうだし(でも、本人曰くピアノオン リーの「Feeling Heart」や「それぞれの未来へ」があるらしい)、リクエストは基本的にしないこととしてるので、「自己紹介枠で」とお願いしたのですが、よく考える と、「Feeling Heart」がオープニングテーマだったアニメ・ゲーム「To Heart」には飯塚雅弓が出てますから、大津さんのところにいらっしゃるファンで、知っている人が多いはずで、「興味持ってくださる方が増えるかもしれ ませんよ」と中司さんにお話しすると「なるほどー」と言ってくださったので、ちょろっとだけ弾いてくださるかもしれません。

 次の中司さんのライブは12/30@恵比寿天窓.switchです(もちろん、大津美紀さん、さくらかおりさん、MAYUKO@ゆうまおさんと 一緒)。そして、来年2/10にワンマンライブ@赤坂グラフティだそうです。


(おまけ)

200811301107000.jpg

 「ねこかたり第三十四夜(大津美紀さんライブ@恵比寿天窓.switch)」の(おまけ1)に書いた、メモ用ノートのVol.2の表紙が出来ました。8人に増えましたが、もちろん中心は大津美紀さんですよ。
 中司雅美さんのライブに行ってきました。会場は赤坂グラフティ。

200810292009000.jpg

 セットリストは以下の通り。

1.咲かせましょう!
2.uneasy
3.かけら
4.笑おう!
5.明日のために
6.忘れさせてあげたい
7.Share
(「かけら」がキーボード弾き語り、「share」がオケのみ、その他がキーボード+オケ)

 中司さんは、やっぱりメロディの弾き方と歌い方だなー、と思って聞いてます。アルバム「雨」をずっと昔から結構聞いているので、ライブへ行く前 から自分の中で中司雅美というのは確立しているのですが、期待通りの音楽が出てくるという点でいつも満足なライブです。今回も出だしの「咲かせましょ う!」から(この曲は初めて聴くのですが)「中司雅美だなー」と思ったのですが、こういう音楽が12/30にも聴けると思うとなんだか嬉しくなって聴いて いました。今回のライブでは、「明日のために」(アルバム「雨」に収録されている「ありがとう」に近めの曲かな、という印象)や「忘れさせてあげたい」が 良かったかな。

 ライブ中、次のライブが11/28@大塚・音楽堂ANOANO、そして12/30@恵比寿天窓.switchと発表されました。ライブ後、中司さんと話して いると、

中「12/30は誰と一緒なのかを忘れちゃったんですよ」
私「大津美紀さん、MAYUKO@ゆうまおさん、さくらかおりさんです」
中「あー、ゆうまおちゃんだ!前に一緒にやったこともあるし。ゆうまおちゃんって、その日バンドかなあ?」
私「(私はファンじゃないので、ってか現時点で知ってるわけがないが)分からないですねぇ。去年はピアノ弾き語りでしたよ」
中「ゆうまおちゃんに聞いてみようかな、バンド?って。きっと、バンドじゃないんだろうけど...だと私もピアノだけで頑張らないと」

 この後、大津さんとさくらさんのことを説明して、その日はお客さんたくさんだろうという話もしてきました。ちなみに、今回の対バンライブのタイトルは「ココロの琴線#15」で、次の#16が来月11/27なのですがこれにさくらさんが出演となっています。
 赤坂見附で降りて赤坂グラフティへ。中司雅美さんを見てきました。大津美紀さんがワンマンライブをやった「コォン・フォート赤坂」から結構近いところにありました。その日のブッキングにもよったとも思いますが、ちょっと大人な感じのライブハウスでした。

200807231959000.jpg

 セットリストは以下の通り。

1.サランラップ
2.MAZE
3.かけら(新曲?)
4.笑おう!
5.Feeling Heart

 今回は打ち込み中心で、キーボード弾き語りは3曲目の「かけら」のみでした。その「かけら」はこれまで1番の歌詞はあったらしいのですが、突然に今日歌いたいと思い立って2番以降の歌詞を作ったのだとか。5曲目の「Feeling Heart」はシングルVer.ではなく、アルバム「雨」に収録されているVer.でしたが、打ち込みの時はいつもこっちなのかな?

 中司さんは8/23,24に表参道で行われる「スーパーよさこい」に横浜のチームで出場するそうで、ライブ後話を聞くと、去年高知に行っていたものの今年 は行かないのだとか。残念。次の中司さんのライブは9/26(金)に大塚「音楽堂 ano ano」だそうです。この会場は今年頭にできたばかりのきれいなところで、完全防音なのだとか(楽屋にもまったく聞こえないらしい)。結構良いグランドピ アノが置いてあって、飲み物はフリードリンク(何杯飲んでもいい)だそうです。結構気になる会場なんで行ってみたいのですが、次の日の9/27に所用があっていけるか微妙なところ。中司さんはどうも微妙にライブの日程の相性が良くないなぁ。
 木・金・土と秋葉原へ出ているのですが、その木曜日は運良く18時30分に終了。西荻窪へ移動して中司雅美さんのライブに間に合いました。会場は西荻窪駅から歩いてすぐの「BINSPARK」。
200804171925000.jpg
 会場に入ったらいきなり中司雅美さんがいてびっくり。「ありがとうございます」と声をかけられるも、会釈をするのが精一杯なミーハーな私(^^;;。中司雅美さんと言えば、先日もここに書いたとおり、アニメ・ゲーム「To Heart」のオープニング「Feeling Heart」を歌っていた方。アニメもゲームも知らないのに、仲の良かった知人がCDを持っていて聞かせてもらってお気に入りに。自分でもCDを買いに行きました。当時は実家住まいだったので中司さんがどういう方か詳しく知ることもなく8年近くたってしまいましたが、ライブハウスに行くようになって、その会場のスケジュールを見ていると「中司雅美」の文字。行ってみようと思いつつなかなか予定が合わず今日まで延びてしまいましたが、「行けないかも...」と思ってるときは意外に行けるもんですね。というわけで、今回が初・中司雅美。

 今日のライブは、「中司雅美誕生日 4 日前、一緒に祝ってね。日」というむちゃくちゃなタイトルですが(^^;;、春木琢康さんという方とのツーマンライブという形。でも、中司さん、春木さん、今回が初対面だとか...えっ(^^;;。春木琢康さんはギターを使ってのステージで、「今日は明るい曲はあまり無い」と言いながらも、トークで盛り上げつつところどころに明るい曲をはさんで会場はかなり盛り上がりました。

 次が中司さんで、セットリストは以下の通り。ピアノとギターを使っての弾き語りでした(Pはピアノ、Gはギターを使用)。

1.サランラップ(P)
2.心の樹海(P)
3.地図のない物語(G)
4.オリビアを聴きながら(G)
5.Happy Birthday to me(G)
6.また、やっちゃった(P)
7.明日のために(P)
8.この奇跡に"ありがとう"(P)

 スタートの「サランラップ」の前奏を聴いて、「あー、このメロディ、中司雅美さんですよ!」、そして声が聞こえてきて「あー、この歌声、中司雅美さんですよ!」と思いました。メロディの運び方にすごく特徴があるな、と思っていたのですが、目の前で奏でられるメロディがまさにそれ。当たり前といえば当たり前のことなんですが、昔良く聞いた、今もたまに聞くメロディが目の前にあったことに感動しました。そういえば、昔すごく聴いて、生で聴くまですごく時間があった、ってのは中司さんが初めてになるんですね。大津美紀さんはセルフ曲を聴いたことは無かった(全て飯塚雅弓にて聴いた)ですし、他はそんなに時間あけずに生で聴いてるので(少なくとも、中司さんの8年という年数の半分以下)、そういう感想になるのも納得。

 今回一番びっくりだったのは中司さんのキャラクター。トーク中に関西発音が入っていたので、関西の人なんだなーと思っていたのですが(大阪の豊中出身だそうです)、「春木さんで盛り上がったのでまじめにやりたいと思います...でも、笑いが取れないのが残念です(笑)」と早速笑いをとり、結局色々とトークでも盛り上がっていました。同席した知人曰く「曲よりもトークが長いって言われてるもん」だそうで、昨日はそんなにトークは長くなかったのですが、十分に盛り上がりました。歌だけだとよく分からず「どんな人なんだろう??」と思ってましたが、歌だけでなくキャラクター部分も好きになりました。

 次のライブは5月29日@赤坂だそうで、出演はラストだと思う、とのことです。そのころは五反田にいるから、20時ぐらいまでに帰れれば行けそうだな。