飯塚雅弓の最近のブログ記事

 飯塚雅弓さんのライブ「Strawberry Summer Fight!! 2009」に行ってきました。場所は渋谷 O-East。夏のツアー最終日(大阪→横浜→東京)で、昼夜2回公演の内の2回目、まさにラストに参加してきました(昼公演中はもちろんビッグサイトに いたのよ(笑))。今回のライブツアーは7月に出た新アルバム「ファイト!! wiht MAYU☆夏SELECTION」をひっさげてのライブであったのですが、なんと、新アルバムの「ファイト!!」を一切聞いていない状態でライブに行くと いう手抜きっぷり。だって、大津美紀さん/cotaさんの曲がないんだからね-、私のテンションも上がらないよw。まぁ、いつもながらのお目付役(なんの だ?)程度の気持ちで行ってきました。

2009081517080000.jpg

 セットリストは以下の通り。

1. プリズム
2. ファイト!!
3. 僕のパートナー
4. 君は君のままで
5. 虹と素足のストーリー
6. Baby blue
7. Yeah! Yeah! Yeah!
8. ロマンチックだね
9. 月と帰り道
10. My happy day
11. 虹の咲く場所 ◎
12. Re-mixダンスメドレー
 君といたmemory ☆
 さんきゅう
 君と大空へ
 ひまわり
 とびたつ季節
 君といたmemory  ☆
13. オモイデゾラ
14. とぼうよ!
15. 君といたmemory ☆
16. とびたつ季節

en-1. remember
en-2. ただいま。おかえり。

d-en-1. be friend
d-en-2. Smile!

※:◎は大津美紀さん作曲、☆はcotaさん作曲


 真っ先に指摘するのは「Re-mixメドレー」。Re-mixというか、テクノ調(Perfume意識?)に編曲してオケでの演奏だったのです が(バンドメンバーは退出)、なんだろう、「全体的に飯塚なリズムじゃない」って感じなんですよね。メドレーは確か「多くの曲を歌うため」に始まった、現 在はもう恒例になったコーナーで、たまにアレンジをかえてやってたりしてますが、今回のアレンジはかなり「うーん」って感じのアレンジになっちゃってたと 思います。「今まで築いてきた飯塚雅弓らしさ」と「テクノ調」ってのが全然一致していない、と思ったのですが、どうでしょうか。

 せっかくの挑戦を批判するのもどうかな、と思うので、まぁ、このあたりは個人的な見解で100歩譲れる内容だとしても、Re-mixメドレーの 「君といたmemory」は100%(ってかそれ以上に)なしです。あれは、あり得ません。あのアレンジで、あの曲の良さはすべてつぶされて思ってますの で、もしDVDになったとして(ならないと思うけど)、そこだけは絶対に飛ばして見ます(あと、「とびたつ季節」のサビで「♪今こそとびたつ季節」と歌う 直前のギターが消えてたのも気に入らなかったが)。

 全体で最も気に入ったのは「虹の咲く場所」ですね。飯塚曲の中で結構上位に入れているのに実は(メドレーを別として)ライブで一度も聞いたこと の無かった曲だったりします。確か2001年発売のアルバム「虹の咲く場所」の最後に入っている曲なんですが、想い出の曲でもあって(ここでは詳細は省略 ですが)この曲がなかったらこの業界から離れていたかも、というぐらいの曲です。この曲の時だけは、後ろに下がって、全体を眺めながら聴いていましたが、 サビの「♪空に飛び立とう もう一度高く 心に降る涙の後に生まれた 虹の咲く場所へ 七色の夢を 鮮やかな色のまま 描き続けて ずっと永遠に」という 飯塚自身の作詞の中でも格段に名作を、無理をせずに歌っていましたが、それによって、この曲における飯塚らしさがよく出ていて良かったかな、と思います。 まぁ、聴きながら「これを、大津さんがセルフカバーすれば、ここはこう歌うだろうな」とか考えながら聴いている、変な余裕もあったりしましたが(ぉ)、以 前のライブで「love letter」をかなり力んで歌って「うーん」って感じだったので、やっぱり、飯塚自身は自分らしく歌うのが良いんじゃないかな、と思います。


 で、今回のライブ、最も重要なポイントは、新しいキーボードの方。最初入ってきたときに、「あれ、キーボードの人替わったんだ。女の人かぁ」と 思ったんですが、この人が結構キーボードが上手で(当たり前なんだが)、ライブ中、飯塚よりもこのキーボードの人ばかり見てました(ぉ)。

 新しいキーボードの人は、川田瑠夏さんといって、飯塚のプロデューサーの福井さんの会社「Very Goo」に新しく所属したアーティストなんだそうです。ビジュアルは、少し昔のあーたん(飯塚の妹さん)に似ていて、最初は「なんで妹さんがキーボード やってんだ?」と思ったりもしましたが(もう少しわかりやすく似てる芸能人で言うと福井未菜かな...ってわかりやすくなった?)、かなり良い感じのキーボー ドを弾いてくれます。

 今回、飯塚のライブには初めての登場と言うこともあったのかも知れませんが、ぱっと見は周りを気にして弾いているように見えたのですが、多くの 曲で、曲の弾き終わりの時にギターの長谷川さんを見て、ちゃんとアイコンタクトで息を合わせて終わらせるあたり、曲を最後まで大事にして演奏する姿勢がよ く見えていました。

 また、飯塚が初めてなのに、それぞれの曲の良さをよく分かっていて、どう演奏しなければならないのかをちゃんと理解しているみたいです。たとえ ば「remember」は、「分かれた二人が再び出会う」という曲ですが、それは一人だった狭い世界が、再会して時を重ねることで世界が広がっていくとい う世界観で、特にサビのキーボードは流れるような曲調をメインとしながら後半に進むにつれてメロディを広げていくことによってその世界が曲から表されるん ですが、これをしっかりと表現していて、むちゃくちゃ感動しました。「君といたmemory」では(CDではいろいろな楽器で表現されるメインのメロディ を)ライブではキーボードだけで主に表現していかなければならないのですが、手を振る回数やタイミングを間違うぐらい聞き入ってしまったし(今までは、ギ ターやドラムの方を良く聴いていた)、「虹の咲く場所」では2サビ後の間奏前半がキーボードソロメインですが、前述の「無理をしない飯塚の歌声」を受けて その余韻を残しながら後半のギターソロへつなぐという、目立たないながらも実はかなり印象深い演奏をしっかりしていました。

 てなわけで、今回のライブは、とにかく川田瑠夏さんがとても良かったです。どれくらい良かったって、ライブ中に「まーちゃん」と叫ぶよりも「瑠 夏ちゃん」と叫んだ回数の方が多かったぐらいです(笑)。ライブ後、飯塚に「かなりお客さんに名前呼ばれてたけど、私が1番だから」とか言われてなければ 良いけど(^^;;。

 川田さんは最近のデビューなのでまだ楽曲数は多くないですが、意外にも手持ちに1曲作曲したモノ(アニメ「さよなら絶望先生 キャラクターソン グアルバム」の4曲目「主人公」がそれ。6曲目の「fetish」(cotaさん作曲)のために買っていた)があって聴いてみましたが、結構良い曲でし た。blogを読んでみたら、「先日レコーディングがあって、ギターは西川進さんに弾いていただきました」。西川さんに弾いてもらったの!そりゃ絶対買わ なきゃ。西川さんって、KONAMI全盛時代に國府田マリ子嬢などのギターを弾いてたんですが、なんかこういふうにつながっていくのね-、って感じです。 今後は川田さんもかなり追いかけていきたい感じです。


 ところで、ライブの最後に「今年の12月末(クリスマス前)にも新しいアルバムを出します。冬セレクションをセットにして発売します」って言っ てたなぁ。それを聞いていて、「今度の新しいアルバムには大津(cota)さんの曲は入るのかなー」とか「冬セレクションに入りそうな大津さんの曲は有っ たっけ?無いなw」とか考えてました(笑)。まぁ、大津さんの曲で冬らしい曲と言えば「君のポケットの中(原曲Ver.)」、「meteor-流星ノウタ -」、「冬の花」ぐらいしかなって気がしますしね。ってことは、新曲がない限りテンションが上がらない、とw。まぁ、冬のライブもあると思いますが、川田 さんがキーボードやってたら行きますw。
 飯塚雅弓さんのライブに行ってきました。今回のライブはツアーで1/3が大阪、1/12が東京、1/25が横浜で、東京と大阪の夜の部に行ってきました。まぁ、そんなに飯塚ファンじゃないのでお目付役(何の?)程度のノリですよ(笑)。

200901121444000.jpg
↑東京の会場は渋谷のO-East。この会場、有名な会場ですが、初めて入りました。

200901252118000.jpg
↑横浜の会場はランドマークタワーのたもと、ランドマークホール。

 セットリストは以下の通り。

1. がんばって!
2. りょうおもい
3. Only You☆
4. チャンス!!
<Hop Step Jump Tour Medley 2009>
 M-1. クリスタルデイズ ♪
 M-2. 君と大空へ
 M-3. きっと ずっと ♪
 M-4. いつもの帰り道
 M-5. いつも君を見つめている
 M-6. 一緒に歌おうよ
 M-7. Dear
 M-8. 虹の咲く場所 ◎
 M-9. Capri blue☆friend
 M-10. Dream
5. love letter ◎
6. ストロベリーキャンドル
7. I'm in the pink

<アコースティックコーナー>
(渋谷)
8. 星空にお祈り
9. 小さな私から
(横浜)
8. SATGE
9. かたおもい ◎

10. 恋のRibbon
11. 月と帰り道
12. 君といたmemory ♪
13. ゆびきり

<アンコール>
(渋谷)
en-1. Power to Power
en-2. LET'S!!
(横浜)
en-1. ロマンチックだね
en-2. It's a beautiful day~永遠に続く日々~

<ダブルアンコール>(夜の部のみ)
(渋谷)
d-en-1. とびたつ季節
(横浜)
d-en-1. やさしい約束~TO MY FRIEND~

※:◎は大津美紀さんの曲、♪はcotaさんの曲


 今回はアルバム発売とは関係のないライブだったので、メドレーを入れてダブルアンコールまで全26曲で古い曲から新しい曲までまんべんなくやったという 感じです。「一緒に歌おうよ」はかなり珍しいなぁ。「1st.ライブの"一緒に歌おうよ"のときに"一緒に踊ろう~"って言うときの飯塚がかわいい」とた まにぬかしてたりしますが(これを聞いたある方は「かきもとさんは、やっぱり若い子が好きなのね」と小言を言ったりもしますが(苦笑))、大阪でのセット リスト(渋谷とほぼ同じ)を聞いて、「"一緒に歌おうよ"は見たいなー(というかあの振りをやりたい)」と思っちゃったぐらい結構好きな曲だったりしま す。

 セットリスト全体を見渡して、前述のように「まんべんなく」ですが、ライブ定番曲のいくつがはずれつつ、その一方「恋のRibbon」等の人気 があるけどライブでやれてない曲が入っているところがポイントで、例えば、定番曲な「恋の色」、「DESTINY」、「とびたつ季節」が今回ははずれてい ます。飯塚曰く、「今回は定番曲ははずして、その分を"君といたmemory"(12曲目)にかけました」だったんですが、横浜の夜の部では歌詞を間違 い、1サビで2サビの歌詞を歌ってしまいました(出だしのサビから怪しかった気もするが、間違っていたかは自信がない)。ってか、歌い間違った後のトーク で「"君といたmemory"にかけました」って発言は問題だぞ(苦笑)。あと、これは飯塚の問題ではないのですが、「君といたmemory」の終わらせ 方(最後のアレンジ)がイマイチかな、という気もしました。いつも後奏を長目に演奏するのに対し、今日は結構早めに終わらしてたのですが、どうもぶっちり と切られて終わった感じで余韻が残らない。その後すぐに次の曲をやるのだったらそれでいいと思うんですが、最後の曲前で「君といたmemory」が終 わった後のトークが(特に横浜では)長くなっていたので、余韻を残した中で長いトークをした方が、曲から離れて宙ぶらりんな感じにならなかった(次の曲に すんなり入れる)かなという気がします。

 いくつかの日記やblogを見ていると、今回のライブのポイントに多くの方が挙げていた曲は「love letter」(5曲目)のようですね。確かに飯塚自身では久しぶりに歌いますし、ファンの間でも名曲として挙げられる曲なのですが、私自身、聴いていて あまり高評価ではなかったです。横浜では幾分ましに聞こえたのですが(渋谷は...と閉口なぐらい)、それでも、歌う意味がイマイチみえてこなかったです。こ の曲、大津美紀さん作詞、作曲で、「大津さんで"模範解答"なり"曲の本意"を聴いている以上、飯塚さんには(歌唱力的なことも含め)ハンデがつくじゃ ん」という指摘を貰うことになるでしょうし、そういう気持ちをゼロに出来ないことは認めるのですが、それでも、飯塚が歌う「love letter」の意味が見えてこなかった、となると思います。

 横浜ではアコースティックコーナーで「かたおもい」を歌っていました。これも大津美紀さん作詞、作曲で大津さん自身のライブでも披露されるので すが、これが「love letter」との良い比較で、「飯塚の歌う"かたおもい"もありだな(今後も聴きたい)」と思えました(まぁ、なおなおが鍵盤ハーモニカ間違いすぎだっ たけど(苦笑)。あとPA的にはパーカッションの音を拾いすぎ)。飯塚なりに「かたおもい」を解釈して、そこに飯塚らしさを出して歌っていて、それがちゃ んと聞こえた、伝わったということだと思います。なので、飯塚が「かたおもい」を歌う意味というのがかなりあったと思います。

 「love letter」に関しては、「かたおもい」と比較するならば、「解釈が無く、らしさがなく、伝わってこなかった」となるかな、と思ったのですが、よく考え ると、むしろ逆かもしれません。飯塚なりに一生懸命解釈しようとしているけど、やりすぎているというか、空回りしているというか、その全部を出そうとし て、大事なところが見えてこないし、余計なところに力を入れているように感じられて、「伝わらない」ということになるのかな、という気がします。そう思う と、飯塚らしい「一生懸命さ」(飯塚の魅力は一生懸命なところ)というのを2段飛ばしで(直接的ではなく間接的に)見たような気もしますが、でも、「ステージ」としての第1義からずれるの で、ここは低評価としておきます。ある方が「2,3年経つと変わるかも」と言ってましたが、それはあるかもしれません。久しぶりに歌った「love letter」ということもあると思うのですが、全部を一度にとろうとするのではなく、ひとつひとつとっていってくれればと思います。

 「love letter」は手厳しい意見になりましたが、他は全体として良い感じだったと思います。好きな曲の1つでライブでは一度も聴けてなかった「虹の咲く場 所」をメドレーながらも聴けましたし、通常曲、メドレー、アコースティックとうまく織り交ぜて、ファンに色々な飯塚雅弓を見せていて、歴史的にまんべんな く選曲された曲と合わせて、多くのファンを一定以上満足させる内容になっていたと思います。

 そうそう、ライブで発表してましたが、今年も夏にアルバムが発売になるそうで、今度はどういうコンセプトになるんでしょうか。まぁ、発表された 瞬間から興味は「(何がとは書かないが)採用されるかな?」ですけど、何か(ぉ)。CD購入の勢いは採用次第です(ぉ)。ライブは...そんなに飯塚ファン じゃないので(ぉ)、行くとしてまた「お目付役程度」な感じかな。
 横浜へ。飯塚雅弓ライブを見てきました。

200808031256000.jpg

200808031813000.jpg
↑会場はランドマークホール


 今回のライブは新アルバム「Stories」をひっさげてのライブ。これに収録されている曲がどの演奏されるのかに注目が集まっていました。セットリストは以下の通りです。

(第一部)
0.Stories~prologue~
1.Sincerely
2.明日晴れたなら
3.初めての1ページ
4.Always...Forever...
5.忘れない。
6.Starry Night 
7.きっと ずっと
8.Love Knot 
9.Polaris
10.君へ続くストーリー 

(第二部)
11.ひまわり
12.remember
13.Eternity~ひとひらのlove song~
14.ロマンチックだね
15.Baby, dance with me♪
16.君といたmemory

en-1.DESTINY
en-2.とびたつ季節
en-3.恋の色(夜の部のみ)

 以上のように2部構成。第1部ではポエムを挟みながら「Stories」収録の曲が収録順に進むという形。アルバム「Stories」はその名の通り、恋愛を軸とした物語が進んでいくように構成されたアルバムなので今回のように収録順のように進んでいくというのはなかなかよかったと思います。

 と構成自体はいいものの、第1部は聴かせる曲が多く集まり音響の影響力も強くなった関係で、最初の方は長谷川さんのエレキギターの音が強めでまーちゃんの声にかぶり気味だったり、まーちゃん自身も「忘れない」「Starry Night」はマイクに近づきすぎて思いっきりボーカル音がつぶれてしまってといまいちな部分が散見されました。また、このアルバムでもっとも好きな「きっと ずっと」(もちろんcotaさん作曲!)は2サビ後の間奏での長谷川さんのギターソロに感動したのですが、最後のサビでまーちゃん間違ってがっかり。

 その一方で、第2部は結構いい感じにエンジンが掛かって、アンコールまでメジャー曲、はじける曲の連発。ちょっと前に「"Eternity~ひとひらの love song~"のサビの部分の手を出す振りをやりたいんだよねぇ。ちゃんと"♪だ~れより"の部分でしっかり溜めてから手を出すってやつ」なんて言っていた のですが、出来たよ(笑)。そして、もちろん「君といたmemory」。あの出だしのメロディ流れると全然違うねぇ。このメロディ聴くためだけにこの場に いてもいい、って思えるもんなぁ。こっちも存分に腕を振ってきました。

 とまぁ、こんな感じです。全体を通じると、まずまずのライブだったかなという感じです。新アルバムの曲は全部入ってるし、今までの曲の部分ではハズレのない選曲になってるし。お時間のある方は、この後の大阪、渋谷へどうぞ(私はどっちも行かないんですが(^^;;)。
 飯塚雅弓の新しいアルバム「Stories」を聴いてみました。

200812092120001.jpg

1. Stories~prologue~
2. Sincerely
3. 明日晴れたなら
4. 初めての1ページ
5. Always...Forever...
6. 忘れない。
7. Starry Night
8. きっと ずっと
9. Love Knot
10. Polaris
11. 君へ続くストーリー

DVD付きのDVD内容は以下3曲のPV
1. Sincerely
2. 忘れない。
3. きっと ずっと

 今回のアルバムはタイトルの通り物語仕立て。出会って、片思いから両思いへ。別れた後の再会、そしてハッピーエンドへと恋愛物語になっています。

 特筆はなんと言っても8曲目の「きっと ずっと」。もちろん、我らがcotaさん作曲(作詞は飯塚雅弓自身、編曲は加藤みちあきさん)で、今回は書き下ろしだそうです(いつもは、既にある今日をいくつか出して、それから選んでもらうという形。なので、田村ゆかりに提供された「君のポケットの中」は飯塚にも出されていた)。再会をテーマとした曲だそうですが、明るくてスピード感があって、大好きな人と再会する瞬間へ向かう気持ちも、再会してからこれから先へ向かう気持ちも心地よく表されています。また、各サビの最後の「♪心から待っていたんだ~」の「心から」で一度下に沈み気味で、「待っていたんだ~」と上に上がってくるメロディがcotaさんらしいし、ここの力強さは、「これからずっと続けていく」という決意に近い気持ちが入っているようで大好きです。また、感想のギターソロは私好みにアレンジされていてこれまた良い感じ。飯塚雅弓全体の中で「君といたmemory」以来の久々の個人的殿堂入り曲です。

 前述のように「きっと ずっと」は再会をテーマとした曲ですが、「再会」と言えば、なんといっても「ブルーのストーリー」(アルバム「かたおもい」に収録)。これは正確には「再会を誓った別れの曲」で、これに対応する再会の曲はこれまで「remember」(アルバム「虹の咲く場所」に収録)だったのですが、「きっと ずっと」も対応する再会の曲でも良いな、と思います。

 他の曲では1曲目の「Sincerely」と2曲目の「明日晴れたなら」。前者は「出逢い」をテーマとした曲で、サブのメロディラインや、コーラスはこれからの物語を表すように広がっていくメロディとなっています。また、大人な雰囲気もあって、勢いだけではなく自分を見つめている部分も出ているところがいいな、。後者は「かたおもい」がテーマ。サビの「♪七夕の夜 明日がもしも晴れたなら託す想い もしも星がきれいに見えたなら君に好きって言って良いですか」の部分、明るめの曲になっているのに切なさを感じるところがあって、「かたおもい」の気持ちが入ってるな、と感じます。また、サビから間奏へ抜けるメロディが「七夕の夜にきれいに星が見えて欲しい」という思いを込めて空を見上げる女の子の情景が出ていると思います。

 アルバム全体としては、プラスマイナスの繰り返しなので少し単調かな、というところはありますし、最後は「Polaris」で終わりで良かったかな(同じ雰囲気の「君へ続くストーリー」を続けなくても良かったかな)と思いますが、それでも飯塚らしさはかなりありますし、物語でくくった分アルバムとしてのまとまりはあると思います。私個人としては「きっと ずっと」のためだけに買ってもいいCDだと思ってます。

 あと、DVDには3曲PVがついてますが、「きっと ずっと」はかなり良い仕上がりでおすすめです。

 本厚木へ。珍しく、飯塚雅弓嬢のCD発売記念イベントに行ってきました。インストアの発売記念イベントは初めてかも。ライブやFCイベントを別にしてのトークイベントは「SMILE×SMILE」発売記念の豊島公会堂でやったイベント以来かな(このとき、福井Pが「あの人を褒めない○○さんがですか?」という伝説の発言)。

200807271254000.jpg

 イベント自体はあっさりしたもので、撮影裏話、質問コーナーなど。その後に、各自が持参したカメラでのツーショット撮影会(各自持参のカメラでの撮影は初めてらしい)。まぁ、私もツーショット撮ってきたのですが、久しぶりの女の子とのツーショットかな。といっても、その前も南かおりさんだったりしますが(^^;;。