タナベサオリ個展「【Floating Star】フィルム絵本展」@大阪ART HOUSE

| | コメント(0)
 タナベサオリさんの個展「【Floating Star】フィルム絵本展」を見てきました(もちろん、恵比寿天窓.switchはお休みしましたよ)。場所は大阪・北堀江のART HOUSE.........そうなんです、大阪まで行ってきました。14時まで仕事をして15時ののぞみに乗って大阪へ。新大阪の駅に着いてすぐにお土産を買って、 会場のART HOUSEへ。ART HOUSEへやってくるのは1年と1ヶ月ぶり。前回は、昨年9月の飛び石連休前後にやっていたタナベサオリさんの個展「ソラネコと銀色オルゴォル」と大津 美紀さんのライブを見に行ってたのですが、その頃から「来年も個展をやる」という話を聞いていて「やるなら、日帰りでも来ます」と言っていて、本当に来て しまいました、という感じです。店に着いたら、ちょうどオーナーとタナベさんが話し込んでいるところで、カフェブースに荷物を置かせてもらおうと声をかけ たら、「かきもとさんですよね?東京から来てくださったんですか?」とオーナーから声をかけていただきました(タナベさんは、私が来ること自体は知ってい た)。

 今回のタナベさんの個展は、タイトル通り【Floating Star】というタイトルの絵本とそれの原画の展示、さらに絵本を動画にしての上映となっているのですが、今回の絵本は「カフェ」の話題が中心となってい て、そこにはコーヒーが出てくるのですが、絵本を3カ所の場面をイメージしたタナベさん特製のオリジナルコーヒー豆ブレンド3種類をその場で飲める...とい うより、飲みながら動画の上映を見るというスタイルの個展です。

2009102418270000.jpg

 会場には、壁に原画が展示されていて(実はこれも売り物)、その下には1個1個それぞれ別々のイラストが描かれたマグカップが売ら れていて、今回の絵本や動画のDVD、その他ポストカードやストラップ等も売られています。10/22から始まって、私が行ったのは3日目だったのです が、もうマグカップは10種類ほど売れてしまったらしく、全部で30種類ほど用意したらしいのですが、このペースで行くと期間中に売り切れそうなので、 「追加で作ろうかな」とのこと。出だしからかなり盛況のようです。

 カフェ部門にはドーナツとのセットで500円。ちなみに、ドーナツはART HOUSEの裏にあるドーナツ店のものだそうで、5種類あるのですが、写真は一番人気の塩キャラメル。「塩!」って感じがいい味わいで確かに人気になりそ うな感じです。コーヒーは前述のように3種類あって、それぞれにかなり違いがあります。豆を引くところから始まって、結構本格的にコーヒーを入れてくれま す。ちなみに、豆は東京・下北沢にある「モルディブ」というコーヒー専門店から取り寄せている(タナベさんのお気に入りの店らしい)そうで、そこから、絵 本の3つの場面にあわせた味わいのブレンドにしているそうです。

2009102419240000.jpg

2009102418570000.jpg

 私が行った日は、ART HOUSEの閉店後に「上映会&お茶会」のイベントが組まれていて、実はそれが一番の目的だったのですが、なんとこれが初めてのイベント。つまり、お客さ ん第1号で、タナベさんからは「初めてなので、ぶっつけ本番というか、モニターみたいな感じで」なんて言われながら、まずは上映会。上映会の前に絵本は何 度も見ていたのですが、上映会で見るとやはりかなり印象が違います。というのも、絵本は自分のタイミングで見るので、自分は「動」なのに対して絵本が 「静」なのですが、動画は動画の流れに合わせてみるので見ている自分は「静」なのに対して絵本が「動」となっていて、制作者側の見せたいタイミングで流れ ている(また、絵本に比べて文字数が制限されるので、文字情報としてはかなりピンポイントになる)ので、見え方の違いに気づけるところも楽しかったです。

 上映会が終わった後はお茶会。お茶会中はコーヒー飲み放題で、さらにドーナツを食べながら、タナベさんやスタッフから裏話を聞いて盛り上がり、 本当は30分の予定のイベントだったのですが、結局は1時間以上もいろいろな話題で盛り上がりました。「上映会&お茶会」は来週の31日、1日に組まれて いるので、個展を見るだけではなく、このイベントへも是非どうぞ。とてもとて楽しいです。

 良い意味で「学校の文化祭」という雰囲気がとても心地よい個展だったかな、と思います。そんな話をお茶会でしたのですが、「一つ一つ手作りで、 開始直前の搬入や設置のどたばたはすごかったんですけどね」とのことで、そういう雰囲気が個展にプラスの雰囲気を出してるのかな、と思います。

 フィルム絵本の動画自体は、YouTubeに公開されています。



 旅猫が巡る3つのカフェのお話。それぞれ、とてもとても趣のあるお話です。ちょっとネタバレになってしまいますが、お気に入りは一番最後の双子 カフェの話の中で、待ち合わせのうさぎが、後ろを振り向きにっこりとほほえむところ、ですかね。タナベさんと言えば猫が中心で、うさぎは珍しい気がするの で、印象に残りますね。もちろん、うさぎが大好きという個人的事情もありますが(待ち合わせの相手になってみたい...とか言ってみたり、ね)。

 と、とてもとても楽しい個展でした。これだけのために大阪に行って良かったな、と思います帰りはいつも通りサンライズ瀬戸のノビノビ座席。大阪滞在は7時間という史上最短の滞在でした。 

コメントする

このブログ記事について

このページは、かきもとが2009年10月24日 22:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丹下桜ライブ「BAND・SAKURA」@新横浜SUNPHONIX HALL(2009年10月12日 20:15)」です。

次のブログ記事は「大津美紀さんライブ「ねこかたり第四十夜」@高田馬場・音楽室DX in Tokyo 新感覚派レディースナイト(2009年10月30日 23:19)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。