丹下桜ライブ「BAND・SAKURA」@新横浜SUNPHONIX HALL

| | コメント(0)
 丹下桜ライブ「BAND・SAKURA」でした。その名通りバンド形式でのライブ。場所は新横浜のSUNPHONIX HALLで、横浜アリーナの1階にあるHALLです(併設でスタジオもあるらしい)。ちなみに今日の横浜アリーナはジャニーズだったらしくて、新横浜の駅 から会場まで「チケットください」の女性がたくさん...。

2009101216490000.jpg

 セットリストは以下の通り。

1. 光りの勇者
2. 桜きみに咲きますように
3. 2色だけのパレット
4. Blue sky in the white canvas
5. I Feel the Wind
6. 少女時代
7. You're my Angel
8. you are my destiny
9. tune my love(アコースティックver.)
10. Thinking Of You(アコースティックver.)
11. Neo-Generation
12. rising dream
13. YOUR CHEER GIRL
14. MAKE YOU SMILE

en-1. Stand by Me(バンドアコースティックver.)
en-2. Be Myself
en-3. CHATCH UP DREAM

d-en-1. Thinking Of You(アコースティックver.)

 見てもらってわかるとおり、何とも豪勢な曲目。丹下桜のメジャー曲はほぼ出尽くしたと言っても良いんじゃないでしょうか。en-1の 「Stand by Me」が流れた瞬間、「後残ってるのは、"Be Myself"と" CHATCH UP DREAM"ぐらいじゃないのかな」、と思ったらまさにその通りの編成で出てきました。

 曲に触れていくと、5曲目の「I Feel the Wind」は、サビ終わりの「♪今日からは新しい私になる I Feel the Wind」の部分で「私になる~」で風が溜まって、「I Feel the Wind」で風が通り抜けていく感じですが(最後のdをあまり発音しないところがポイントで、すーっと風が通り抜けていく)、今回のライブでもその様子が 良く出ていました。まさに「I Feel the Wind」。

 で、この後奏終わりから、一気に切り替えて「Ah、落ち葉舞う」で始まる「少女時代」。この曲順はぐっと来ますね。CD収録ではこの並びでは違 和感が出てしまうのですが、バンドだと「I Feel the Wind」終わりの編曲がすっきりしていて、良い切り替えになる編成だったなと思います。

 8曲目の「you are my destiny」は新曲で、この前の土曜から始まった、文化放送制作のデジタルラジオ「丹下桜の RADIO・A・La・Mode」のOP曲。なかなか間奏のメロディが良くて(やっぱりそこか!)聞き入ってしまいましたね。これCD化しないのかな。そ ういえば、丹下桜嬢は声優として活動復活だそうで、その一環でラジオもスタートだとか。文化放送のデジタルラジオだから、収録は第8スタジオでやってるの かしら。

 あとは、もう挙げてたらきりがない怒濤のメジャー曲連発ですから、あえて挙げません。まぁ、やっぱり丹下桜は「MAKE YOU SMILE」だなー、って思います。自分の中での丹下桜って、「MAKE YOU SMILE」の頃で止まってるから、なんだか、10年以上昔から今に突然タイムスリップしてきたような感覚。もちろん、その10年の間にあるものも見え隠 れはするものの、声を聞いたら「ママレード・ボーイ」のすずちゃんと思ってしまうぐらい、やっぱりあっという間に10年前にタイムスリップとも言える感じ は、とても不思議なものの楽しかったです。

 とまぁ、曲編成は良かったんですが、全体的なところを見て、PAがかなりまずかった印象を受けます。最初の時点で、何を聞かせたいのかがわから ないPAでかなりがっかりしていたのですが、丹下桜の声を聞かそうという感じにしてはVocalの音量低いし、じゃぁ、曲を聞かせるのかというと、各楽器 の音量のマッチングが悪いし、さらに言えば間奏や後奏の楽器ソロ(特にギターソロ)は音量低くて聞かせようという気がないし、もう、とてもとてももったい ない。まぁ、とりあえず「バンドでやる」ってだけが目標なら良いとは思うんですが、名曲の数々が泣くなー、と思いながら見てたライブでもありました(そう いう意味では「今はまだ遠いLovesong」がなくて良かったと思う)。

 ライブの話はこんなところで、おまけ話。ライブ中のトークで出てきたのですが、丹下桜声優復活の第一弾がゲーム「ラブプラス」なんですね。この 「ラブプラス」もはや社会現象と言っても良いぐらいのヒットとなっていて、前評判が全くなかった分、制作元のKONAMIもかなり驚いている様子です。物 販にいた前澤ヒデノリさん(我々にとっては、青春時代の名プロデューサー)は「KONAMIのゲームは前評判がないときにヒットを飛ばすんだよ」なんて 言ってましたが(元KONAMIの人らしい発言)。このゲーム、今までの恋愛ゲームと違って、彼女と良い関係を作っていくのが目的のゲームです(今までは 彼女にするためのゲームだった)。そんな目新しさやDSのマイクを使って会話しながらゲームを進める斬新さ(なんでも、電車に乗りながらやっていた人がい るらしい)で大ヒットだとか。丹下桜はこれの妹キャラ役で出ているそうですが、丹下桜がブッキングされたいきさつというのも、KONAMIのプロデュー サーが「全国民的妹キャラの声の人」というリクエストに青二の敏腕マネージャー北沢章子さんが(←この名前で爆笑できる人が私以外にも結構いると思うけど (笑))、「なら、うちの最終兵器を」ってことで丹下桜を連れてきたんだそうです。うーん、なかなかのキャスティング。ほかにも皆口裕子さんのお姉さん キャラに、早見沙織さんの同級生キャラって、こっちのキャスティングもなかなかですね。「ラブプラス」やりたくなってきたな(笑)。まぁ、それよりも先に DS版の「アイドルマスター」やりたいんですけどねww。

コメントする

このブログ記事について

このページは、かきもとが2009年10月12日 20:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丹下桜ライブ「LIVE・SAKURA」追加公演@表参道LAPIN ET HALOT(2009年9月27日 21:12)」です。

次のブログ記事は「タナベサオリ個展「【Floating Star】フィルム絵本展」@大阪ART HOUSE(2009年10月24日 22:18)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。