2009年6月アーカイブ

2009062520120000.jpg

 中司雅美さんのライブを見てきました。場所は赤坂グラフティ。さくらかおりさんとの対バンでした。中司さんは12/30以来(ってことで良いよね。その前は11/28)セットリストは以下の通り。

1. I wish
2. 心の樹海
3. こだわりour life
4. 雨
5. 笑おう!
6. 会いたくなって
en-1. 明日のために

 「この時期(梅雨)だから」ということで「雨」が選曲されていました。その名の通りアルバム「雨」に収録されている曲でよく聞きました。ライブ で聞くのは初めてだったのですが、当たり前ですがCDとはかなり違います。CDの方を聞いても十分に中司雅美度合いが出ているのですが、今回聞いた「雨」 はとても洗練されていて、もっともっと中司雅美さんが出ています。アルバムは2000年の発売なのでそこには9年の年月があるのですが、その9年間が良い 意味でしっかりと出ていた今回の「雨」だったと思います。

 ライブ後、中司さんと色々としゃべってましたが、ライブ中「今回のライブ前にさくらさんともしゃべったんですが、それ以上にさくらママとしゃべ りまして」と言っていたので「お母さんは私のモノですから、許可無くしゃべらないでくださいw」と言うと、中司さんだけでなくそばにいたさくらさんも笑っ てました(そのときにはすでにさくらさんのお母さんは帰られていた)。中司さんからも「お久しぶりです~」なんて言われましたが、確かに半年ぶりですから ね。中司さんにも.switchのまっきいさんからの伝言で「呼ぼうと思ってるんだけど、他のライブとかぶってなかなか呼べないので、また呼びます、だそ うです」と伝えたのですが、中司さんは7月が大塚ANOANO、8月休み、9月にワンマン?の予定だそうなので.switch出演はかなり先になってしま いそうです。
2009062520120000.jpg

 さくらかおりライブを見てきました。場所は赤坂グラフティ。なんと中司雅美さんとの対バンライブでした。セットリストは以下の通り。

1. ネコ
2. 夢花火
3. ドレミファミリー
4. 夕暮れタワー
5. シネマ
6. プレゼント
7. ハピマイベイビー

 箱ライブで普通に見るのはなんと昨年の12/24のクリスマスライブ@.switch以来(12/30@.switchは見てない扱いw、3/29@大泉は外のライブ)と大きく日時が開きました。

 1曲目はなんと「ネコ」でしたが、後奏の一度静かになって強い音を弾く部分(歌ってきたすべては思い出した夢の世界で、そこから覚める、と解釈 している部分)をかなりしっかり弾いてました。さくらさんに予約を出しておいたので、私が来ると言うことを知っていたと思いますが、まさか来ることを意識 されたのか?なんて思いましたが(そんなことは無いだろう)、その強く大きいメロディを聴いて、「赤坂グラフティの音響を分かってるな」という印象を持ち ました。

 昨日のライブはキーボード弾き語りで、全体的にも強くて大きいメロディを多用して、力強く音を出していましたが、その音はグラフティのホールに しっかりと受け止められていました。グラフティは堅めの音響になっているので、柔らかい音は残響感が全くなく薄い後味になってしまうのですが、一方で力強 い音はしっかりと受け止められて心地よい残響感となるようになっているので、今回の弾き方を見ていて会場の特性を分かっての弾き方かな、と思いました(一 方.switchは柔らかい音で良い音響になるようになっている)。

 そのほかにも、一言で言うなら「レベルを上げている」という弾き方、歌い方であったのですが、細かく言うなら、レベルを上げているからこそ自分 で使える技法や手段が増えて、さらにそれを適切に(また挑戦的に)使えるようになってきた、という感じです。なかなか良いんじゃないでしょうか。

 ライブ後、さくらさんには「中司雅美さんを見に来たらやってたからついでに見てましたよw」というと「ついでとか言わないw」というやりとり で、横で見ていた中司さんも爆笑。でも、中司さんは結構昔(実家時代)から知っているので、その話をさくらさんにすると結構驚いてました。あとは、普通に 「久しぶりです。忙しいですか?体調崩したりしてませんか?」と聞かれてしまいました。確かに、久しぶりでしたからね。さくらさんに伝言で 「(.switchの)まっきぃさんが今度呼ぶだって」と伝えると喜んでましたから、近いうちに.switch出演があるでしょうか。
2009062017520000.jpg

 CooRieワンマンライブ「夢降ル夜に君想フ~第三夜~」を見てきました。場所は南青山MANDA-LA。全3回の 「夢降ル夜に君想フ」シリーズも最後となりました。南青山MANDA-LAはフードメニューが充実しているのですが、第1回目のライブで「ヒレカツ・サン ドがおいしい」とrinoさんが言ったらしく、第2回目では大盛況。第3回目の今回もかなりの盛況で、ライブの冒頭から「皆さん、ヒレカツ・サンドを頼ん でいただいてありがとうございます」なんてrinoさんが言うぐらい売れていたようです。かくいう私も頼んで食べましたが(ただ、値段を考えると個人的に はうーん、って感じです)。

 セットリストは以下の通り(手元のメモによる。表記は正式なモノと違う可能性有り)。

1. 大切な願い
2. いろは
3. 君が望む永遠
4. 優しさは雨のように
5. GIRLY&GLORY(中原麻衣への提供曲)
6. 胸に散る時の葉 ◎
7. IF:この世界で
8. 僕たちの行方
9. Dream ~the ally of~ ※
10. 想い出に変わるまで ※
11. 星屑のサラウンド ◎
12. パルトネール
13. 暁に咲く詩 ◎
14. ALIVE
15. バスタブルース
en-1. 2009年南青山MANDA-LAにて(新曲) ※
en-2. 夢降ル夜に君想フ(ライブテーマ曲)
※:弾き語り曲 ◎:今回良かった曲

 今回のライブテーマは「原点と未来へ」とのこと。初期の曲や提供曲数の多い「D.C.」、最近の曲を中心に構成されていました。メンバー編成は第2回と同じ(ボーカル、ピアノ、チェロ、パーカッション)だったので、前回に感じた印象そのままにすんなりと見られました。

 今日は全体的に、中~低音重視の印象で、かなりしっかりとした、味のある曲調だったかな、という感じ。たとえば「いろは」では、わざと高い音を出さずに歌って、CDVer.のさらっとした感じからしっかりと地に足をつけているような印象でした。

 そんなこともあってか、ライブで印象に残った3曲はどれも静かめな曲で、どちらかというと明るい曲に点数を高くつける自分の傾向から言うと逆に なっているので、それだけ、静かめに奏でる曲のパフォーマンスが良かったと言うことでしょうか。特にライブ中最も良いと思ったのは5. GIRLY&GLORY → 6. 胸に散る時の葉 への変化。「GIRLY&GLORY」はrinoさん自身が「とてもかわいい」と表現するぐらいpopでかわいい感じの曲なのですが、次の「胸に 散る時の葉」が非常にじっくりとした曲調のバラードで、こうも曲調が違った曲が並ぶとどっちがすごく浮く印象があるのですが、「胸に散る時の葉」を聞きな がら、じわじわとその曲の世界観に入れてくる(会場がそういう雰囲気になってくる)というのはなかなか良かったです。

 それと、今回初披露だった「星屑のサラウンド」。「宙のまにまに」という7月から始まるアニメのOP曲だそうですが、「いろは」を思い出させる曲調で、聴いていて、ほっとして、心の安まる曲に仕上がっています。これはかなり良さそうな雰囲気です。

 ちなみに、今回チケット番号が遅かった関係で、座った場所は舞台下手側の奥...っていうかもう舞台袖みたいなところで、基本的には出演者の横顔を ずっと見てました(パーカッションは死角に入って見えないので、パーカッションの方は一度も見ずに終わった)。なので、音響もなにもないんですが(結構変 な音響だった)、その一方で、まるで舞台袖からステージスタッフの一員となって見ているようで、rinoさんの歌ってる横顔を見ながら、「ステージの中央 で歌ってる姿は良いなぁ」とディレクター気分で見てました。

 今回で3部作は終了なのでCooRieライブは未定のようですが、今日の雰囲気では、また南青山MANDA-LAあたりでやりそうな雰囲気です が、そうなると、チケット取れるでしょうかね?そうそう、CooRieもランティスからCDが出ているのですが、今回の3部作ライブはCooRie自身 (&所属事務所メイン)でやっていたようで、非常に楽しいライブでした。ランティスが絡むと良いことないからねぇ。
2009061819530000.jpg

 つだみさこさんのライブを見てきました。場所は秋葉原 DRESS AKIBA HALLで、JR秋葉原駅の昭和通り口を出てすぐ右手のビルの地下1階。対バンはあべさとえさんで、あべさんの途中で会場に着いたのですが、歌は松井恵子さんをかわいくした感じでちょっと良いかもと思ったり。

 つださんのセットリストは以下の通り。

1. みんな分の1
2. 思い出
3. 好き
4. どっちもいい
5. 傘
6. 約束
7. 幸福論
8. ガトーアリ

  つだみさこさんを見るのは4/20@恵比寿天窓.switch以来で2ヶ月ぶりでしたが、今日のつださんはかなり楽しそうに演奏していたのが 印象的でした。前半に明るい曲を集めていたこともあって、そんな印象でしたが、幸福論の後奏がとてもダイナミックでその演奏を見ていても、今日はかなり良 い感じのパフォーマンスになっているな-、と思ってみていました。