cotaさん新曲「スキ」(IDOLM@STERシングル「Colorful Days」)

| | コメント(0)
 IDOLM@STERの新シングル「Colorful Days」を買ってきました。この中に、cotaさんが作曲、編曲、コーラスをしている「スキ」という曲が入っています。

200812092119000.jpg

1.Colorful Days
2.スキ
3.サイレント ナイト
4.Colorful Days(カラオケ)
5.スキ(カラオケ)
※:初回限定版には特典DVD付き

 2曲目の「スキ」がcotaさんの新曲で、作曲、編曲、コーラスを担当。作詞は只野菜摘さん。作曲:cotaさん、作詞:只野菜摘さんの組み合わせは、アニメ「さよなら絶望先生」のキャラクターソングCD「絶望歌謡大全集」に収録されている「fetish」という曲以来です。cotaとしての提供曲は7月の飯塚雅弓のアルバム「Stories」に収録されている「きっと ずっと」以来。飯塚への曲提供は恒例なのでこれを除くと昨年12月に鉄道むすめに提供された「しあわせア・テ・ン・ド」以来1年ぶりになります。昨年末 だったかの大津さんのライブで「来年は大津美紀一本でやっていきます(=曲提供をあまりしない)」と話していた記憶がありますが、確かに今年は2曲だけな のでその通りでした。

 発売日前日、アニメイト吉祥寺にてアイドルマスターの新しいCD「Colorful Days」を入手してきました。予約棚を見たら10枚ほど積まれていたので、結構予約されている感じでした。帰宅して早速聴いてみました。大津さんのblogには「あまりにもラブリィな歌詞で...(中略)...乙女度満開な歌」、「すっごくわかいい曲」と書かれていたのですが、確かに、今までのcota曲で一番「乙女チック」です。

 出だしはスローテンポから始まってクリスマスソングのようになっているのですが、1メロ入る瞬間からアイドルソング全開で、Bメロ前半は PPPH入ってます(cota曲でもPPPH入る曲ってかなり少ないですからね)。また、サビラストの(1サビ、4サビでいうと)「♪(マフラーうさぎ  ふわふわする頃に)(ほんわかして、)(あげたい)」が括弧で3カ所にわけたようにメロディがブロックになっているのですが、ここの変化もアイドルソン グっぽい気がします(って、個人的な「アイドルソング観」に基づくので一般とはずれてるかもよ)。

 個人的にスキなのは、2サビBが終りからサビC、間奏の部分ですね。サビBが終わってからそのまま同じ勢いでサビCに行って変化無くギターソロ に入るですが、ここの流れかなり良いですね(良く聴いてみると、サビB終わりから間奏終わりまでほとんどドラムの変化がないことが、その印象の理由か な?)。

 全体的には細かいところまで音を入れてあるし、変化も多くて、良い感じに盛り上がりそうな曲、という印象です。今までのcota曲で近そうな曲 を挙げるならsorachocoに提供された「I☆アイ☆愛言葉」かなと思いますが、それでもこれを10倍以上「乙女チック」にしてやっと追いつくぐらい の「ラブリィ」な感じです。まぁ、本人が「(ラブリィ過ぎるので仮歌唄うときに)一人で照れてた」って言ってたぐらいですし。そういや、blogに 「12/30@恵比寿天窓.switchでのライブでは新曲を歌えたらいいなと思いつつ、出来なかったらセルフカバーでゆるしてもらおう」って書いてまし たが、.swithのグランドピアノ一本(.switchのまっきいさん曰く、「その日は全員ピアノ弾き語りで、とお願いしている」と)でこの曲をやる気 なんだろうか...「そっちの方が大変かも」とも書いてあったけど。正直なところ、12/30にこれのセルフカバー聴いてみたいなぁ。歌も興味あるし、どんな 表情で歌うのかも気になりますし(ここが重要か?(ぉ))、当日対バンのMAYUKO@ゆうまおさんところのファンにアイドルマスター好きそうな人は多い のかな?多かったら宣伝にもなりますしね。

 尤も、一番アイドルソングっぽいところは、聴きながらついついコールを考えさせてしまうメロディになってることかな?(笑)



コメントする

このブログ記事について

このページは、かきもとが2008年12月11日 14:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドキュメント・シゲルに懸けた男の物語(2008年12月10日 14:33)」です。

次のブログ記事は「さくらかおりライブ@飯田橋RAMLA(2008年12月14日 16:18)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。