2008年5月アーカイブ

 東京は先週に引き続き週末の金、土が雨となってしまいました。

 そんななか、金曜は19時30分に終わったので、四谷へ。久しぶりに四ッ谷駅前しんみち通りにある「エリーゼ」に行ってきました。以前のブログではちょくちょく出てきていましたが、新ブログでは初紹介。東京に出てきてからずっと行きつけにしている洋食屋さんです。

200805302008000.jpg

 注文したのは「牛スタミナ焼定食」。牛肉をみそで炒めたものでなかなか。白くかかっているのはガーリックグラニューで、これをかけて食べるとおいしさ一層です。


 土曜日の午前は五反田へ。お昼をどうしようかと考えて、せっかく五反田に来ているのだから、雑誌にも載っている有名な店に行ってみることにしました。

 行ったのは、五反田駅を南に出て少しの所にある「ぎたろう軍鶏炭火焼鳥 たかはし」。その名の通り炭火焼き鳥の店で、ランチの親子丼が有名なのだそうです。

200805311229000.jpg

 テーブルの上に出された親子丼から炭火で焼いた香りがしっかりとします。まるで、うな丼やうな重を前にした香りと一緒で、期待が高まります。

 良い感じに半熟となった玉子と鳥肉を口の中へ。鳥肉は香りから分かるとおり炭火でしっかりと焼いてあり、しっかりとした食感にやや強めの炭火の香りで、なかなかの一品。以前のブログでも良く紹介していた、神保町・蘭奢待の親子丼の炭火度合いを強くしたものというイメージでもいいかもしれません。

 写真は大盛りですがこれで950円。普通サイズなら850円で、この価格でこの味は高いコストパフォーマンスといって良いと思います。かなりオススメの店です(ちなみに、日本酒は1つしか取り扱ってないけど神亀だったりする)。


 その後は、とよしま研究室のとよしまさんと共にカラオケへ。本当はパセラへ行きたかったのですが、パセラが混雑していてカラオケ館へ。まぁ、HyperJoyなので基本的に歌うのには困らず。前半戦は色々と、後半戦は大津美紀さんの歌を中心に歌ってきました。

200805311643000.jpg

 久しぶりのHyperJoyですっかり忘れていたのですが、HyperJoyだと、キーを変えられる以外にピッチも変えることが出来ます。なので、田村ゆかり「恋のチカラ」のキーとピッチをいじって無理矢理原曲Ver.に(キーを2~3上げて、ピッチは4~5上げる)。でもガイドメロディは変えられないので、そこは無視しして歌ってきましたが、何度も聴いて既に身に付いたので歌う側は気にならなかったですね。あと、飯塚雅弓「君といたmemory」も歌ったのですが、カラオケで原曲と少しメロディが違うのが分かっていても、あの出だしのメロディが流れると感動してしまうのはなんでだろうなぁ。

 ちなみに、結局土曜日の夕方も雨が降り続き、さくらかおりさんの路上ライブは延期されて水曜日に。水曜見に行けなかったら5週間見に行けなくなるけど、天気と時間はどうかな?
 夕方まで五反田の後16時40分頃恵比寿天窓.switchへ。開場20分前に到着して1番乗り。17時の開場の時点で並んでいた人は7人ぐらいだったので、今日はスロースタートだなぁ、と思ったら大間違い。なんと開演時間には立ち見も出る程の混雑になっていました。

200805251641000.jpg
↑開場は17時なのでかなり明るくて、陽の光も写りこんでます

 今日の出演者は、

1.Anything Goes
2.茂木ミユキさん
3.つだみさこさん
4.大津美紀さん

の順。なんでも茂木ミユキさんは久しぶりのライブだったそうでお目当てのお客さんがたくさん。出演時刻には20人以上もの立ち見で会場は大混雑。でも、多くのファンがいることが分かる納得のステージでした。それから、3番目のつだみさこさん。別の方から名前だけを伺っていたので知っている名前だったのですがステージを見るのは今日が初めて。うーん、これは、良いかも。さくらかおりさんを見た昨年の7月以来、久々に「見に行っても良いかも!」と思わせる方でした。ライブ終了後、(対バンの人には)滅多に書かないアンケートを書いて渡しに行くと、大津さんのファンの方々から温かいブーイングを頂き感謝です(えっ?)...ってCD買いたかったのに売り切れてたんだから、ブーイングしなくていいじゃんよー(^^;;。


 で、我らが大津美紀さんのステージ。19時57分、ねこかたり第三十四夜スタート。

1.meteor-流星ノウタ-

 今日は歌声はふくらみがあって、ピアノの音色はなんだか素直です。

「♪僕らの夜に降り続いてる」

 本当に静かな夜をイメージさせるピアノの音色に、少し客観的に物語の語り手のような歌声。


・トーク

「こんばんわ。ねこかたり第三十四夜にお越し下さいましてありがとうございます。」

「今日も色んな曲をやろうかなと思ってやってきたんですけど、次は日曜日の曲を」

2.Steal on Sunday

 客席からは手拍子。大津さんのライブで手拍子をきくのって初めてかなぁ。大津さん自身演奏中笑顔で楽しそうだったし、後日の大津さんのblogでも「手拍子をもらうのってすごく嬉しいんだなぁって思いました。」と記してましたが、まさに幸せな日曜日の曲でした。


・トーク

「今日は初めましての方もいらっしゃると思います。大津美紀です。色々と曲を歌ったりCMを作ったり、アニメの曲を作ったりしています。次の曲は"僕らがいた"というアニメに提供した曲で、DVDも出ていますので...ちゃんと宣伝しておかないと(笑)」

3.星を数えるよりも

 今日の「星を数えるよりも」はせつなすぎる感じ。心が締め付けられるっていうのかな。2サビの、

「♪夢を描くよりもこうして君とずっと ずっと抱き合っていたい」

 から、後奏で終わるところのピアノの大きさ、重さはすごかったです。


・トーク

「シーンとしてますね(笑)」

 そりゃ、そういうパフォーマンスだったもん(笑)。

「この間、私のCDが出ました。"僕らの誓い"という曲なんですが、"プリズム騎士(ないと)"というラジオドラマのエンディングです。なんで、そんな話かって、アニメつながりかなぁと、って感じで言おうと思ってたんですが(^^;;。この曲はアンケートをお書き頂いた方にお渡ししているサンプルCDに入ってます。他にもCMソングも入っています。で、最近のCMだと......どんな歌だっけ?覚えてる人?」

って、会場に聞かない(^^;;。知ってるけど「♪おはよう みんな」なんてみんなの前で口ずさめないです。はずしたら恥ずかしいじゃないですか(^^;;。

 で、なんとか思い出し、

「♪せんせーと遊ぼっ」

 あ、出だし飛んだ。やっぱり、頑張って口ずさんでおけば良かったか(笑)。

「そんな地味な仕事をしています(笑)」

 えーっっっ!!

「では、先ほど紹介した"僕らの誓い"を」


4.僕らの誓い-in the dead of night-

 軽やかなメロディで風のように流れる演奏。歌声は「meteor-流星ノウタ-」と同じく客観的で、物語の語り手から紡がれる世界。


・トーク

「えっと、えっと...皆さん楽しんでますか?つたないMCです...これでも反省してるんですよ」

 そんなトークを存分に楽しんでますよ(笑)。

「次のライブは7月12日(土)に3月末にもやった赤坂のレストラン、コォン・フォート赤坂でワンマンライブです。1階席と2階席があって2階席は上から見下げる感じになるので、大津を見下げたい方は2階席を希望して多いに見下げてください(笑)」

「そして、8月15日(金)に、ここ恵比寿天窓.switchで、他の方々に提供した楽曲でセルフカバーワンマンライブをすることになりました。どうなるのか全く予測がつきません。バンド編成でやるので普段のライブではピアノだけで不可能な曲はやらないのでそういう曲もやっていきたいと思います。cotaは元気な曲が多いですから体力をつけないといけませんね(笑)。当日はコミケということでコミケに間に合う時間をマッキーさん(恵比寿天窓.switchのブッキングマネージャー)と相談しました。」

 今年のコミケは15日~17日ですが、15日はこれっていうジャンルは特にないのでそのまま会場かな。声優関係は今年は16日のようです。

...
...
...

 って、さらっと通るところだったですけど、8月15日にセルフカバーワンマン!!!いや、これはこれっくらいに記してもいいぐらいのビッグイベントですよ。大津さんは他のアーティストへの楽曲提供も多くて、「かたおもい」や「love letter」のように他の方へ提供した曲を自分で歌うこともあるのですが、8月のワンマンは他の方へ提供した楽曲で構成するライブになるとのこと。他の方へ提供した曲には自分で詩まで書いた曲(「かたおもい」など)もあれば、曲だけ提供になって詩は別の方が書いて差しかえになったもの(「未来パラソル」(大津さんでは「君がくれたひとこと」)など)もあるので、その両方から歌われることになるのでしょう。これは、とてつもないライブになるなぁ...今まで見てきたライブで最もすごいライブになるって、今の時点からテンション上がってます。色々な大津さんのメロディが聴けるし、曲だけでなく歌詞まで原曲で聴けることになるこのライブ。8月15日は絶対に恵比寿にやってきます。


5.恋のチカラ

 いいよねー、この曲、ホント。今日は、出だしの次のフレーズ、"自信ない、かわいくない"が飛んでしまい、

「♪......... 不安な気持ち それに負けないくらい 強い強い感情~」

 単に歌詞が飛んでしまっただけなんだと思うけど、"自信ない、かわいくない"なんてネガティブなこと思ってちゃだめだよね、というように見えた気もした大津さんの表情は気のせいかな?


・トーク

「セルフカバーワンマンの話をしましたが、セルフカバーのCDを"出す"と言うと出せないと困るから、出せたらいいなぁ(笑)。私、締切無いとやらない人なので(^^;;。一度には(出すのは)大変なので少しずつ出せたらいいなと思っております。良いかたちの編曲をしてレコーディングできればと思ってます。首を長ーくして待っててください」

 以前からセルフカバーCDも出したいと言っていましたが、今日正式(?)発表。そんなCD出たら毎日聴いてしまいそうだなぁ。mixiのミュージック機能で大津さんの順位は2番だけど(1番は飯塚雅弓)、2番なのは楽曲が少ないだけだから、楽曲が増えればあっと言う間に1番だね(笑)。今でも「恋のチカラ」をかなり聴いてるし(「恋のチカラ」は大津さんVer.ではCD化されていないが、公式サイトやmixiでライブ動画が公開されている)。

「次の曲で最後です。次にやる曲は本当に、久しぶりに演奏します。」


6.今ここに

「♪あきらめないでよかった 少しずつだけど 確かに夢に向かってる」

 この曲は、公式サイトのLive Performanceを調べると、そこに記されている初めてのライブ「2001年5月20日 Secret Live(南青山MANDALA)」以来の披露...って、ライブではまだ2回目。「ねこかたり」タイトルのライブとしては初演奏になる曲。

 「♪あきらめないでよかった」と聴いてちょっと「恋のチカラ」が頭をよぎったりもしたのですが、「恋のチカラ」のスキップな感じとは別で、「一歩ずつ」な感じがとても印象的でした。そして、感動したのは、最後の、

「♪感じること全てを束ねて 語り続けよう 永遠にあなたへ 今ここに生きてる」

 この表現、大津さんらしくて、すごく好きです。この部分、少しの間、頭の中で何度もリピートされてました。

 そういえば、大津さんのライブには2年前の5月のライブから来るようになったのでもう3年目突入。その時が「ねこかたり第九夜」なので、「ねこかたり」だけを数えても26回目。もうそんなにもライブに来てるんだなぁ。それでも聴いたことのない曲はたくさん。これからも、色々な曲を聴いて、大津さんを追いかけていきます。


 そして、アンコール。

・トーク

「アンコールありがとうございます。こういうライブを俺からも続けていきたいと思います」

en-1.大好きな君だから

 もう出だしから、その世界に引き込まれる名曲「大好きな君だから」。


・トーク

「実は、岡崎律子さんの楽譜集を作ることになりました」

 大津さんは岡崎律子さんのサポートもされていて親好があったそうで(そのころを残念ながら知らないので伝聞型で)、大津さんを始めとして岡崎さんと関係のあった方々が集まって楽譜集を作るため日々努力しているそうです。大津さんのファンの方には岡崎さんのファンの方も多くて結構な話題となりました。

「9月はタナベサオリさんの個展が大阪の"ART HOUSE"という雑貨店&ギャラリーで行われるので参加します。コラボの作品を作っていて、"私って大工だった?"って思うことがあるんですけど(^^;;」

 おお、これは9月の大阪楽しみですね。その際に、ライブもやる予定だそうです~。

「私は、時間の管理が下手で、こんなに予定を詰め込んでしまって、カレンダーに書き込んでいくんですけど後から見てわかんないんですよ...(^^;;」

 7月のワンマン、8月のセルフカバーワンマン(バンド用に編曲)、9月の大阪(コラボ作品&ライブ)って、これはかなりのスケジュール。ついていく私達も結構なスケジュール?(笑)


en-2.このキモチ

 最近「このキモチ」がラストになることが多いですね。この曲の、後奏って、いつまでも続いていくようで、最後にぴったりの曲だから、ラストの演奏で嬉しかったりします。今晩も、いつまでも続くような、続いて欲しい後奏が終わって、ねこかたり第三十四夜が終了しました。


 ライブ終了後色々とみんなで歓談している中、大津さんから重大発表。

「8月のワンマンライブのチケットが今出来ました!」

 会場に残っていた人でチケットを買う人を確認すると14人。番号順に入場なので、誰から買うかも重要になるのですが、ここは公平を期して、14枚のチケットを全て裏返し、選んでいくという方式に。順に購入されていき、最後の2枚になるまでに重要な番号はほぼ出て、1~3番は昔から来ている人の手に渡り、7番も出て(出たときに大声で「あー、7番がぁ」と叫んでおきました(笑))、そして最後の14番も。14番になったひとも、結構熱心に来てる人なんですが、「(ファンとして)軽い~」とかけ声。で、最後に残ったのは8番と13番。私は一番最後が決定しているので、その前のTちゃんが選んで、お互いチケットを持って「せーのっ!」、で見える文字は「3」...13番決定。後ろから2番目。ということで、皆さんから「軽い~」というありがたいシュプレヒコールを頂きました(^^;;。まぁ、もしも8番だったとしても、換えてたと思うので、最初から13番が手に来たことで十分においしいところを頂きました。

200805280658000.jpg
↑見事に引き当てされられた(?)13番のチケット。といっても、当日が本当に楽しみです。

 次の大津さんライブは7月12日@赤坂コォン・フォートでのワンマンライブです。


・おまけ1

 ライブやイベントにはメモ用のノートを持っていきますが、ある方の一言がきっかけで表紙を作ってみることにしました。思い立って40分で完成。

200805270016000.jpg

 ライブやイベントに行きそうな4人をピックアップ。写真は、大津さんは「ねこかたり第三十一夜@赤坂」の時のフライヤーから。この写真、一番のお気に入りなので迷わず採用。さくらさんは4月4日のワンマンライブのフライヤーから。さくらさんは手持ちの写真が多くなくて選択肢が無くこれに。まーちゃんはアルバム「so loving」から。写りが知り合いに似てるから採用になったとかならないとか(えっ)。奈々は声優グランプリの特典から。髪型と服装がお気に入りだったから使ってみました。って、結局大津さん以外は採用理由が変だな(笑)。


・おまけ2

 現在、五反田に出ているわけですが、そこの上役の人が「メイド喫茶に行ってみたい」と言うので案内することに。って、私も詳しいわけじゃないんですよねぇ...「Cure Maid」ぐらいしか行かないし。で、仕事終わりで行ったので秋葉原に着いたのが21時30分。その時間でもやっている「Little PSX」に行ってみました。店自体はブームの初期頃からあって、リニューアルして現在は「メイドダーツバー&カフェ」になっています......あれ、大津さんライブで会う方が、「よく行くダーツバーがあるので、そこに大津さんのフライヤー置いてきます」って言ってたよなぁ。まさか...。いや、まさかねぇ...と思いながら店の入り口へ。

200805282214000.jpg

 ぬおっ、見たことのある写真!正解でした(^^;;。ってことで、この店には大津さんのフライヤーが置いてありますので、興味のある方はこちらからもどうぞ。
 雨降りの週末。土曜日はお昼頃から強い雨となってしまいました。

200805241755000.jpg
↑夕方頃五反田駅近くの国道1号線で

 雨は降り続き、夕方から予定されていたさくらかおりさんの路上ライブは中止となってしまい、素直に帰宅。早く帰ったので散髪に行ってきました。

200805251247000.jpg

 まあまあ長くなったし、これから6週近く散髪に行けないのでばっさりとしました。ちょっと前に会った人に「髪ながいー!」とも言われたので、まぁ、切りに行くかと。その方とは日曜日にあったのですが、切った髪を見て薄いリアクションでちょっとがっかりだったり(^^;;。

 日曜の夕方頃には雨も上がりました。

200805251639000.jpg
↑恵比寿ガーデンプレイス近くで撮影

 少しじめっとしているのになんだかさわやかな感じのする雨上がりを、飯塚雅弓「虹の咲く場所」の一節「♪雨上がりの空に舞い降りた夏の虹のように」と口ずさみながら、その曲の作曲者、我らが大津美紀さんのライブのため恵比寿天窓.switchへ。そのライブレポートはこちら

・おまけ

200805232349000.jpg

 実は、金曜日は突然に誘われて、神保町の蘭奢待で飲んでました。その前の週の木曜にもお世話になったのですが、それぞれ席の少ないところに無理矢理入れて頂き感謝です。突然に誘われたというのも本当に突然に誘われ、誘った割に誘った側の応対がイマイチだったので、若干の説経モードだったのですが、まぁ、楽しいお酒だったから、あまり手厳しく言うのはやめましょうか。写真は奈良の梅の宿の「あらごし梅酒」を飲み終わったところ。1時間ちょっとしか店にいなかったのに2杯も飲んでしまいました(その前にビール、日本酒飲んでるのに)。

 ま、うさぎにもねこにも会えたので最高の週末といえばそうですね。
 ついに発売となった大津美紀さんの新シングルCD「僕らの誓い-in the dead of night-」。この曲の初披露は昨年の5月26日のライブでした。当時はまだタイトルが「Dreaming Cats」という仮題だったのですが、非常に神秘的で、またファンの間でも人気の高い曲でした。

200805020200000.jpg

 CDの構成は、

1.僕らの誓い-in the dead of night-
 (詞・曲:大津美紀さん、編:福田康文さん・大津美紀さん)
2.愛の天才は無実なの
 (詞:畑亜貴さん、曲:cotaさん、編:大津美紀さん、tetsu-yeahさん)
3.僕らの誓い-in the dead of night-(instrumental)

となっています。

 1曲目は、先述の通りライブでおなじみの「僕らの誓い-in the dead of night-」ですが、ライブで披露されるピアノだけと違って、アコースティクギターが効いた編曲となっています。CD版の構成で初めて披露されたのは3月3日の「Vステ Spring Live」の時だったのですがこのときはカラオケでの披露だったので、その音中心の感想は「Bメロ終わりからサビへの入りの厚いギターが良いなぁと思ってました。あと、サビにはセルフのコーラスも入っていて、コーラスでメインボーカルがぐーっと、前に出てくる感じも良いですね」というものでした。CDを聴いてもこの感想自体は変わらないのですが、さらに印象に残るのは大津さんの歌声。歌詞に合わせて、優しかったり、寂しそうだったり、悩んでいたり、力強かったりと色々な大津さんが入っていて、歌の情景がさらに強く感じられました。ひとつの「誓い」をする裏には色々な気持ちがあるのかな、という感じです。

 2曲目は「愛の天才は無実なの」。大津さん曰く「大津美紀の今までの作品にはないカラーで 、みーんな、どびっくり、するでしょう・笑」とblogに書かれていたのですが、その通りびっくり!何にびっくりかってその歌い方。特に「♪愛の天才は無実なの~」の部分は衝撃的すぎます。かわいい(笑)。今まで歌ってきたどの楽曲とも違う歌い方で、CMソングを歌ってるときに近い印象でしょうか(「♪安心代理店住友海上」あたりに近い感じで)。cota曲らしいコミカルなメロディ(シーサイドな感じは編曲されたから?)に、畑亜貴さんのファンタジーな歌詞という3つが揃った素晴らしい曲です。

 CDのジャケットは、表面が「プリズム騎士」のイラストで、裏が大津さんの写真になってました。この写真はファンの間で結構人気が高かったです。一部では「おれ、右向いて寝るから、左向いて寝る女の子好き」って声も(笑)......あれ、そんな話を結構昔にした記憶があるなぁ...。ああ、先日の日記でも上げた「Kanon」の主人公・名雪が左向いて寝てるので、昔チャットでそんな話をしたんだった(笑)。なお、このCDはメジャーレーベルでの発売なので、Amazonやアニメイト、とらのあなでも取り扱っているそうですので興味のある方はどうぞ(大津さんのサイトで試聴できます)。



 そんななか、明日は恵比寿で大津さんのライブです。

・おまけ
 4/10発売の「hm3 SPECIAL Vol.58」から。
200805071707000.jpg
 指を差している写真が大津さん。前のライブの時にみんなで見たのですが、かわいく写ってるねー、と盛り上がっていました。もう最新号ではないので、興味のある方はバックナンバーで探してみて下さい。
 アニメイト吉祥寺へ行って買い物。
200805181824000.jpg
 4、5月と4コママンガの新刊が結構出たのでその辺を中心に買ってきました。上から、

・先生はお兄ちゃん。 第1巻(テンヤ)
・そこぬけRPG 第2巻(佐藤両々)
・乙姫各駅散歩 第1巻(矢直ちなみ)
・やまいだれ 第1巻(小坂俊史)
・ひだまりスケッチアンソロジー 第1、2巻
・DVD NANA MIZUKI LIVE FORMULA at SAITAMA SUPER ARENA
の6冊+1DVD。

-----------

 DVDの収録曲目を見てると「ラストシーン」の文字が。これって、今回のツアーの他の会場では歌ってないから、最後の埼玉だけで歌ったのか。新アルバムひっさげてのライブで、なんでそのアルバムに収録されているこの名曲をなぜ最後の会場だけでしかやらないんだろう。確かにツアーだから、会場ごとに違いが出るのは悪い事じゃないけど、新しいアルバムの曲を聴きたいと思ってる人も多いツアーなんだから違いは以前にやっている曲で出すべきじゃなかったのかと思う。これで、前回のツアーの評価がさらに下がったな(苦笑)。「ファーストカレンダー」だけは見るけど、DVDを全部見ての感想は書かないかもしれないからとりあえずここに書いておくか。

-----------

 と、ガッツリ単行本を6冊も買ってきて、棚を整理。

200805181824001.jpg
↑4コママンガの単行本だけおいてある棚。この奥にもまだ入っている

 整理のついでに数えると、購入前が94冊+購入6冊でなんと100冊!結構あるなぁ。でも、まだ欲しい本もあるし、これから新刊で出るし。200冊はあっと言う間に来るかな?
 5月17日(土)の夕方秋葉原の稲田屋で飲み始めました。
200805172036000.jpg
 平日が忙しくて疲れた、という話をしながらだったのですが、
「温泉行きたいなぁ」
「行くぅ?」
「行くならどこかなぁ?」
「草津なんか良いんじゃない」
「じゃぁ行こうぜ」
で、Go to Kusatsu(ぉぉ)。

 秋葉原では3人で飲んでいて、1人が車でお酒を飲んでいなかったので、さらに2人誘って5人で草津へ。都内を23時に出発し、草津には26時頃到着。

 まずは、公衆浴場の巽の湯で1時間ちょっと過ごして、次の公衆浴場・町営(長栄)の湯でさらに1時間。そんなこんなで朝の5時になったので、どうするか考えたところ、もう2つも入ってかなり満足と言うことで東京に帰ることに。

200805180451000.jpg
↑朝5時の草津。実はもう帰り際。

 かなりリフレッシュできました~(笑)。
 さくらかおりさんの山手線一周路上ライブ。5月14日(水)は駒込で、5月17日は田端、西日暮里、日暮里でありました。
↓5月14@駒込にて
200805142046000.jpg
 スタートは19時からだったのですが、長時間やったため、私は最後の方は時間が無くて帰ってしまいました。2時間17曲ほどやったそうです。
 で、今回はマネージャー役の佐藤さんが所用でお休みだったらしく、さくらさんは演奏に合間にフライヤーを配って、CDも売ってました。そういうこともあったのでライブ自体のしまり悪かったですが、まぁ、路上ライブですし、いつも以上にCDが売れたようなのでいいかな。

↓5月17日@田端にて。8月のワンマンライブのチケットを購入したので、目標の150人まで132人→131人に。
200805171605000.jpg
 5月17日は田端からスタート。田端は15時から16時までの1時間でセットリストは以下の通り。
1.ネコ
2.ステンドグラス
3.ドレミファミリー
4.とまらない
5.夢花火
6.キューユー
7.プレゼント
8.サクラトンネル
9.しあわせのえくぼ
 なんと、今日もマネージャー役の佐藤さんがお休みで(お休みの理由は敢えて伏せておきます(笑))、前回同様フライヤーを配りながら、CDを売りながらの演奏でした。

 田端が終わって次は西日暮里。みんなで電車移動して西日暮里へ移動して、何とか場所を確保してやり始めた瞬間、雨がぽつぽつ。田端の時点で「危ないかも」と予想はしていたのですが、西日暮里では1曲やって雨のため終了。

 続いて日暮里へ。北口を右手に出た駅前ロータリーが舎人ライナーの開通によって屋根が出来た状態になっていたのでそこでやることに。私はタイムオーバーのためここでお別れ。この後無事に路上ライブ出来たそうです。

 この2日で7駅目まで進んで、残りは23駅。このペースで行けば何とかたどり着きそうですがこれから梅雨に入るのでお天気とにらめっこですね。
200805120811000.jpg
 今日から4週間にわたって平日は五反田へ行くことになっています。当然三鷹から通うわけですが、通勤ラッシュの洗礼を初日から存分に受けました。三鷹→新宿は中央・総武各駅停車が三鷹駅始発なので座れてゆっくりできるのですが、新宿→五反田間はまさに通勤ラッシュ。たった20分弱ですがヘトヘト。これが毎日でもっと時間が長い人はすごいなぁ...。
 初日の帰りは23時でもうぐったりです。行き帰りは恵比寿を通るけど、天窓.switchに行こうなんて余裕はほとんど無いと思います。25日を除いて。さ、明日はかなり早いから(五反田に7時)もう寝ます。
 結婚式の披露宴、2次会が終わってホテルへ帰ってラジオ「いわしでぐわし」第450回&9周年記念放送でした。夜中の25時から本編1時間、後説1時間で27時までの放送でしたが、お聴き頂いた皆様本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。しゃべった我々はむちゃくちゃ楽しかったです。
200805101705000.jpg
 とりあえず「フリーダム!」(笑)。

 一夜明けた今治駅。
200805111018000.jpg
 と、駅を写真撮ってますが、高松空港までの移動は私の人生のお師匠様の車で。車内では、お師匠様セレクトの音楽を聴きながら「あーだ、こーだ」。そういえば、昔実家にいた時代もお師匠様の車でこんな事やってましたね。高松への移動の途中で新居浜を通り「水樹奈々かかんねぇかなぁ」なんて言ってたら、新居浜市内で最後にかかった曲がちゃんと水樹奈々の「ラストシーン」だったのには音楽プレイヤーの意図でもあるのではないのかと騒いでました(笑)。

 香川県を通って帰るので「うどんが食べたい」とリクエストしたところ連れて行ってくれた店が、三豊市の「喰回(くうかい)」というお店。
200805111314000.jpg
 麺が太くてとてつもないコシがあるうどん。讃岐うどんといえばコシですが、どの店のコシにも負けないぞ!というぐらいあって、とてつもないインパクトを残してくれるうどんです。讃岐うどん食べた!って気にさせてくれました。

 うどんを食べて高松空港へ。14時50分発の東京行きなのですが、高松空港到着は14時40分!切符は購入済みだし、SKIPサービスというチケットレスサービスを使っているので、車を降りて2分で手荷物検査場へ。さらにその2分後にはもう搭乗口。写真を撮る余裕さえありました。
200805111443000.jpg
 でも、空港を探検して「助けてくださーい!」ってのはやる余裕がなかったなぁ(高松空港は映画「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地)。

 飛行機に乗ってあっと言う間に羽田空港。長かったゴールデンウイークもおしまいです。
200805111608000.jpg
 ゴールデンウイークの後半戦に四国に帰ったのは愛媛の今治にて知人の結婚式があったのが最大の理由で、その結婚式。ラジオ「いわしでぐわし」でおなじみのぐらさんと、私の人生の師匠と共に出席してきました。
200805101946000.jpg
200805101917000.jpg
 新郎は結婚式の日が誕生日だったので、ウエディングケーキだけでなく誕生日ケーキも。

 結婚した新郎とはもう10年以上もの付き合いで、私が今のような趣味(テレビ・ラジオ・放送、アニメ・声優)になって初期からの付き合いのある人で、昔から色々な話をして盛り上がったのを記憶しています。そういうこともあって、披露宴のBGMには丹下桜「Wherever you are」や國府田マリ子「僕らのステキ」かけてくれました(笑)。そのネタが分かった人は出席者中私と同席の2人の合わせて3人...ってうちらピンポイントのネタかいっ!予備のBGMでは坂本真綾も用意していたらしい。

200805102000000.jpg
 末永くお幸せに。

200805102346000.jpg
 披露宴の後の2次会。新郎が結婚に至るまでの記者会見というか裁判というか...。新郎から色々と話を聞き出して盛り上がりました。
 高知に帰って一休みをしたら移動開始。讃岐うどんを食べたいな、と思っていたのですが、讃岐うどん以外も食べようと思って麺の旅。国道32号を北上。
200805081037000.jpg
 まずは、吉野川北岸にある徳島自動車道吉野川サービスエリアのハイウエイオアシスへ。高速道路の関連施設なのですが高速外からも利用可能。ここの食堂で徳島ラーメン。
200805081218000.jpg
 徳島ラーメンは有名なご当地ラーメンのひとつで、濃いめの豚骨しょうゆのスープに、叉焼ではなく豚バラ肉の炒め物や生卵(ここはゆで卵だけど)が入るという特徴のあるラーメン。徳島市内にいくつかの有名店があるのですが、徳島市内まではちょっと遠いのでここですませました。専門店ではないですがおいしいですよ。

 次は吉野川を下ってつるぎ町の半田へ。ここの特産品は半田そうめん。半田そうめんの看板を掲げている工場や店が多いのですが、何故かお土産品としての販売ばかりで食べられる店が見あたらず、道の駅「貞光ゆうゆう館」に寄ってみると、レストランに半田そうめんの文字。注文してみることに。
200805081310000.jpg
 麺が結構太くて、そうめんと言うよりはスパゲティという印象です。しかしながら、半田そうめんなんてものがあるとは最近まで知りませんでした。結構な特産品のようですけどね。

 最後は山を越えて香川県へ。山を越えたところがまんのう・綾上地区で讃岐うどんの有名店が密集する地区で、「うどん」の看板も掲げない「店なの?」と思うような店(ってか、メインは製麺所でうどんを食べられるようにしているのは副業みたいなもの)も多くある場所で、また安いので何店か食べ歩き。
200805081522000.jpg
 写真は帰りの高松自動車道豊浜サービスエリア下り線の肉ぶっかけうどん。

 麺類堪能のプチ旅行でした。
 世間的にはゴールデンウィークは終わってしまいましたが、私は今週一週間お休みなのでこれから後半戦。後半は四国で過ごします。まずは高知へ。深夜バスで。
200805072022000.jpg
 休み明けてなので結構空いてて埋まっているのは半分ぐらい。後ろに人がいなくて心おきなく椅子を倒しました。

 バスは快調に進んで予定より40分以上も早く高知駅に到着。
200805080716000.jpg
 もう、旧高知駅舎は解体中でシートの中。新駅舎の屋根だけが見えます。

 木、金は高知、土は愛媛、日に東京へ戻ります。
 突然に山梨へ行くことに。
200805060946000.jpg
 天気いいねえ。富士山がきれいですね。

 まず最初は、本栖湖近くで開催中の「富士芝桜祭り」へ。
200805061103000.jpg
 5分咲きぐらいですが、結構きれいです。風に乗って花の香りがやってきます。朝の10時30分ぐらいなのですが結構お客さんがいてもう混雑してました。来週あたり満開のようですが、9時に開園なので行くなら開園を狙った方がいいと思います。
200805061127000.jpg
200805061135000.jpg

 富士山の北側を回って山中湖方面へ。お昼ご飯に、天祥庵のそばを食べることに。
200805061300000.jpg
 名物のからみそば。からみ大根がとてつもなく辛くて涙が出るぐらいです。ちょっとずつ混ぜて食べるのが良いんだと思うんですが全部一度に混ぜて食べてしまいました(^^;;。
200805061300001.jpg
 こっちはつけとろそば。とろろにそば粉をといているようでとろろ臭さってのはなかったです。

 続いて、忍野八海へ。八つの湧水群の総称で、当然水がきれい。
200805061338000.jpg
 湧池の中心で、周りが珪藻土で出来ているらしくエメラルドブルーに近い色合いで、深さは10mあるらしいのですが底まで見えます。
200805061334000.jpg
 魚は鱒が多いようです。

 続いて山中湖畔にある紅富士の湯へ。
200805061421000.jpg
 この建物の左手に富士山があって、大浴場のガラス越しだけでなく露天風呂からも富士山がどーんと見えます。いくつかあるお風呂は温度の差があって長い時間入ることができてゆっくりできます。休憩所も広くてかなりくつろげます。

 お風呂から出てくるともう17時。素直に帰ろうかなと思ったのですが、東京に戻る頃には夕食の時間になるのでどこかで食べていこうかな、と思って、うかい鳥山へ行くことに。国道20号(甲州街道)の神奈川から峠を越えて東京へ入って少し行ったところにある炭火焼で有名なお店。
200805062050000.jpg
 富山の五箇山から移築した合掌造りの民家などを使用したレストランです。
200805061930000.jpg
 名物の鯉の洗い。かんぱちなんかに近い味わいで私は好きだなぁ。
200805061953000.jpg
 メインの肉料理。料理人に焼いてもらうこともできるそうですが、自分で焼くことに。手前の牛肉にはたれだけじゃなくわさびが付いたり、向こうの鳥肉には辛みそがついたりという細かさ。元は鳥肉の店だったらしく、特に鳥はなかなか。柔らかくて、なかはまさにジューシーという感じ。結構満足度が高かったです。

 と、いきなりプチ山梨旅行でした。普通は今日でゴールデンウィークもおしまいですが、私は今週1週間休みなので、まだ折り返し。
 船橋競馬場へ。高知競馬からケイエスゴーウェイが参戦したので応援に行ってきました。船橋競馬場が京葉道路の近くにあることは知っていたのですが、列車でどう行くかが分からず、JRの場合は京葉線でいくという事を今回初めて知りました(^^;;。

200805051404000.jpg
↑京葉線南船橋駅から移動の途中にある歩道橋から

200805051430000.jpg
↑意外に簡単な作りのゴール板

200805051534000.jpg
↑パドックでのケイエスゴーウェイ。馬体重はマイナス18kgも調子は良さそう

200805051600000.jpg
↑レース直前。お客さんいっぱいのスタンド前でファンファーレ隊も待機。

200805051623000.jpg
↑レース後帰ってくるケイエスゴーウェイ。前々の積極的な競馬でコースロスも少なく6着と健闘。騎乗の水野騎手は「この馬なりには走ってる」。

200805051631000.jpg
↑勝ったのはボンネビルレコード。外からの差し切り勝ちで的場文男騎手の好騎乗が光りました
200805041026000.jpg
 朝から秋葉原へ。UDXビル2回のAKIBAスクエアで開催された「AKIBA-おたくまつり」へ行ってきました。コンセプトとしてはコミケの企業ブースがやってきた、というものらしく、会場にはいると確かにそんな感じでした。

 目当てはもちろん、我らが大津美紀さんがゲスト出演する「プリズム騎士外伝出張放送」。ラジオ大阪で放送中の「落合祐里香のプリスム騎士外伝~管理官アメジスト」の公開ラジオイベントで、ラジオ番組風にトークなどを行うといったものでした(上の写真は会場入り口にあったポスター。大津さんの名前が結構大きい)。

 トーク内容は普段の活動内容(「ご自身で歌も歌われてるそうですが、アニメなどにも楽曲提供をされてるそうで?」→「"さよなら絶望先生"や"鉄道むすめ"、"ひだまりスケッチ"」)、番組エンディングテーマの「僕らの誓い-in the dead of night-」についての話、そして場所柄「秋葉原」についての質問(「秋葉原には良く来られますか?」→「パソコンのパーツを買いに」(←意外な答えだ...まぁ、私の「よく飲みに来てます」や「昭和通り側の喫茶店でよく本を読んでます」よりはアキバらしい))、や、果てはメイド喫茶やメイド服に関する話(「メイド服を着てみたい?」→「仕事なら」(どんな仕事だ?))まで出てました。

 で、トークが終わってそのままミニライブとなり「僕らの誓い-in the dead of night-」を披露。トークマイクをそのまま使用してのライブで、ステージセットがトーク用だったことや、音がカラオケだったので歌うのにちょっと苦労してた感じはありますが、歌い終わった後はかなり満足そうでしたし、大津さんお目当てじゃないお客さんも結構真剣に聞いていたように見えました。ライブ後、大津さんのサイン会もあったのですがまあまあお客さんが並んでましたし、(イベントの整理券がついていたというのもあるのですが)新CD「僕らの誓い-in the dead of night-」も売れていたそうです。かくいう私もしっかり1枚買ってサインを頂きました。
 さくらかおりさんの路上ライブへ久しぶりに行ってきました。さくらさんを見ること自体4月4日のワンマンライブ以来で、行ったら「お久しぶりです~」と言われるぐらい。路上ライブっていつからか記憶にないぐらいだなぁ。4月4日のワンマン以降も2度路上ライブがあったのですが、予定が合わずに見られずだったし。

 で、今日から路上ライブは新企画。8月4日のバースデーワンマンまでで山手線29駅で路上ライブをやるというもの。スタートが池袋駅で外回りに周り(池袋から田端、上野方向)、池袋まで帰ってくる全30カ所。スタンプラリーも兼ねて、15カ所以上でスタンプをもらうとプレゼントをもらえるそうです。また、8月4日のバースデーワンマンでチケット150枚売ることを目指すらしいです。

 まずはスタートの池袋駅西口芸術劇場前広場。
200805031425000.jpg
0.ネコ(練習)
1.ドレミファミリー
2.プレゼント
3.ダンボノハネ
4.ステンドグラス
5.ネコ
6.キューユー
7.サクラトンネル

 続いて大塚駅前北口。
200805031655000.jpg
0.ネコ(練習)
1.ドレミファミリー
2.サンタクロース
3.サクラトンネル
4.ネコ
5.キューユー
6.ダンボノハネ
7.プレゼント

200805031851000.jpg
1.ネコ
2.しあわせのえくぼ
3.ドレミファミリー
4.ダンボノハネ
5.サクラトンネル
6.ステンドグラス
7.キューユー

 巣鴨でのライブには近くの専門学校に通うネパール人が立ち止まり、さくらさんが言葉が通じるか不安でおっかなびっくりで話しかけると日本語がぺらぺらでびっくり。路上ライブノートに英語で記入したので、その後に書く私にも「英語で」と無茶ぶりをされる始末。何とか書きましたけど(^^;;。

 ライブ後はマネージャー役の佐藤さんと、「一周はいいんですけど、神田とかどうするんですか?」と聞くと、「どうしましょうね?」...いや、聞かれても(^^;;。あと、8月4日まで30カ所いけるかな?水曜or土曜でやるらしいのだけど、梅雨もあるので出来る確率を6割とすると16回で、1回あたり2駅進めれば大丈夫かなという話もしてましたが、今日はとりあえず3駅でノルマは達成。1週する頃には山手線全駅がみんな言えそうだなぁ(私はもう言えますよ...ってか、ライブ中に「駒込の次は?」と振られ「田端」、「日暮里と西日暮里はどっちが先?」→「西日暮里」、「池袋から大塚へ行くのはどっち周り?」→「外回り」とそれぞれ答えて「鉄道マニア」と呼ばれるようになってしまいました...って、質問自体は結構簡単だと思うけど(^^;;)。

 次のライブは5月7日に御茶ノ水KAKADOだそうですが、既に東京にいないため行けません。その次は5月10日に山手線一周路上ライブ@Vol.4@駒込だそうですが、この日も東京にいないので行けません。さらに、6月10日に恵比寿天窓.switchらしいですが、この時も東京にいないので行けません。なんだか、さくらさんと縁遠くなってきた気が(^^;;。