中山競馬場「i-seat」

| | コメント(0)
 知人に誘われて中山競馬場へ行ってきました。今日の指定席は「i-seat」。
200804061058000.jpg
 クリスタルコーナーにある特殊な指定席で、1席1席がブースとして区切られていて、席にいながらにして机の上の端末で馬券が買えるという指定席です。
200804061034000.jpg
 席はこんな感じ。左のノートパソコンは私の持ち込みですが、正面の液晶モニターが1席に1台あり、これで投票からネット(JRA-VAN NEXTなども利用可能)を使えたり、実況映像を見ることが出来ます。席にいながらにしてなんでもokという場所です。その分パドックが遠いことは個人的には減点かなぁ、と思います。競馬場に行ったときはパドック派なので。あと、ゴール板を過ぎての場所での観戦なのでちょっと見にくいですね。ゴールから遠くても、ゴール板前が良いかな。とまぁ、今日の馬券はイマイチでした。
 今日の一番のイベントはお昼休みに行われたカラジ号関係者へのファンからのメッセージ贈呈式(司会は白川次郎アナ)。
200804061147000.jpg
 カラジ号は中山グランドジャンプを3連覇したオーストラリアの障害馬(といても、平地のレースでも活躍している)。今年もグランドジャンプ制覇を目指し来日したのですが、先日の調教中に故障が判明しそのまま引退となりました。日本でもファンの多い馬で、引退が発表されてから中山競馬場ではそのカラジにメッセージを募集しファンが記入したそうです。1/3ぐらいは英語での書き込みのあったそうです。メッセージ贈呈式にはカラジ号の調教助手(女性の方だが、カラジともに障害ファンには有名な人)、厩務員が参加し、また障害ファンも集まりました。個人的には引退式をやってもらいたいと思っていたのですが、それでも、ファンのメッセージを募集し贈呈式を行ったことに関してはJRA・中山競馬場を評価したいと思います。また、ファンとしても、ささやかながら感謝を伝え、お別れできる場が用意されたことを嬉しく思ったのではないでしょうか。カラジ、お疲れ様でした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、かきもとが2008年4月 6日 10:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「四月×日さくらの花がぽかんと開いた口に入ってきてつい食べちゃいました」(さくらかおりワンマンライブ@恵比寿天窓.switch)(2008年4月 4日 19:24)」です。

次のブログ記事は「ブログ運用についてその1(2008年4月 9日 23:02)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。